ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hellboy (2004)

ヘルボーイヘルボーイ
(2008/07/23)
ルパート・エヴァンスセルマ・ブレア

商品詳細を見る


テレビでよくやってるんだけど、2の公開に備えてDVDを借りてちゃんと見てみました。
おもしろかった~。
やっぱりアクション系は安心して見れるね~。
そして、ちょっとクセのある、この主人公がいいのよね!

ヘルボーイを演じているのは1950年生まれのRon Perlman。
2003年に作られた1でも、この人既に53歳ですよ!
そして2007年には作られたであろう2では、57歳!?
すごいなあ。
でも、このおっさん結構好き♪
といっても、他の映画はあんまり見てませんが。

【Ron Perlmanについて】
IMDbのデータを見たい方は → コチラ
Wikiで見たい方は → コチラ

水陸両用生物のAbeちゃんは、もしかして!?と思ったら、やっぱりDoug Jonesが演ってました~。
この方、ファンタスティック・フォー:銀河の危機で全身銀色の役をやってたし、パンズ・ラビリンスではお手手に目がある化け物の役でした。
こんなのばっかりで、とっても楽しいわ~。

【Doug Jonesについて】
IMDbのデータを見たい方は → コチラ
何と!Doug Jonesのオフィシャルサイトもあります! → コチラ

 Hellboy

題名Hellboyヘルボーイ
監督Guillermo del Toroギレルモ・デル・トロ
出演Ron Perlman
Selma Blair
Doug Jones
Rupert Evans
ロン・パールマン
セルマ・ブレア
ダグ・ジョーンズ
ルパート・エヴァンス


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

ナチスが悪魔を呼び出すシーンから始まります。
あちらとこちらの通路を開けられてしまい、それを常現象学者ブルーム(John Hurt)率いる米軍が邪魔を入れて閉じるのですが、開いている時間が長かったため、赤い赤ん坊がこちら側に来てしまっていたのです。
それがヘルボーイ。
この子は、ブルームが引き取って育てます。

それから60年経ち、大きくなったヘルボーイはアメリカ政府の極秘機関の一員としてモンスター退治を請け負っているのです。
ヘルボーイの愛嬌あふれるキャラクターもステキだけど、モンスター仲間のエイブちゃんはとってもキュートです♪
ここに、FBIから来たへなちょこのジョン(ルパート・エヴァンス)が参加して、話が始まります。

ヘルボーイには怪物退治仲間(もちろん人間)がいるんだけど、ブルームがガンを患っており、自分の死後、息子(ヘルボーイのこと)がどうなるか心配して、ジョンにヘルボーイのヘルプを依頼したのです。
そして怪物退治が始まるんだけど、この辺はあらすじも何もないのではしょります。
でも、金属仮面の機械人間みたいなやつは、意外とあっさり死んじゃった感じ。
最後の大物も、意外とあっさり死んじゃった。
殺したら増える、もっとも活躍したモンスターは、役立たず(笑)なヘルボーイではなく、炎のカルマを持ったリズ(セルマ・ブレア)にやられてました。

ヘルボーイ、本当は一緒に秘密基地に住んでいた人間の女の子リズがダイスキなんだけど、ジョンをリズがちょっといい感じになったりすると、ものすっごいやきもちを焼くのだ。
その様子がまたかわいいんだよね~。
本当に愛嬌のあるキャラクターだよ。
DVD買ってもいいな~って思っちゃった。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。