ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13階段 (2003)

13階段13階段
(2005/07/06)
反町隆史

商品詳細を見る


 13階段

小説を読んでとってもおもしろかったので、映画も見てみました。
やっぱり・・・イマイチですね~(苦笑)
抑えた演技が渋いんだけど、声が小さすぎて聞き取りにくいので、音声さんがもうちょっとボリュームをあげてくれればよかったのになぁ。

テーマがテーマだけに、全体的に重暗い雰囲気。
でも、小説と違う部分がかなりあったので、余計なドキドキ感がありました。

小説では、山崎努演じる南郷正二に娘は出てこなかったと思うんだよね。
離婚届のくだりもなかったような・・・。
いや、そんなことより、「娘が結婚するのに、最後にはこの人殺人を犯しちゃうんだよ!?娘の結婚は取りやめですか!?それは不憫すぎる~~~」と、余計な心配をしてしまったのですよ・・・。

小説の通りに終わってしまったら、きっと見ている人が納得しないんでしょうね。
見終わって気分の悪い映画にするわけにもいかないし。
そんなわけで、映画らしい、都合のいい結末になってました。

私は小説を読んでたから物足りなかったし、説明が足りないんじゃないの?って思ったけど、映画だけ見た人はどうなんでしょう。
ちゃんと分かるように出来てたのかなあ。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。