ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Simpsons Movie (2007)


The Simpsons Movie - Trailer


ザ・シンプソンズ MOVIE (劇場版)ザ・シンプソンズ MOVIE (劇場版)
(2008/03/19)
ダン・カステラネッタ

商品詳細を見る


つ、つまんなかった・・・。
いつもの30分テレビ番組の方が全然おもしろいって~!!!
結局ホーマーが全部悪いしさ!
ホーマーの悪いとこばっかり目立っちゃう映画じゃないですか!
こんな夫は絶対に許さ~ん!
マージってなんて心が広いんだろう。

 The Simpsons Movie
 ザ・シンプソンズ MOVIE

↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

アニメでやってるシンプソンズは結構好きなんだけどな。
映画はかなり、っていうか、すっごくイマイチ!!!

スプリングフィールドの環境汚染を止めよう!
と立ち上がった娘のリサの意思に反して、ドーナツ食べたさに池に豚の排泄物を捨てるホーマー。
このおかげで、池は一気にデンジャラスゾーンに!
リスが飛び込めば、怪物になって出てくる始末(この辺いかにも漫画)。

この環境汚染は連邦レベルで問題になり、大統領にまで提言されるように。
そして、いい加減な大統領が内容も見ずに選んだ「対処方法」のおかげで、巨大な半円形のガラス(?)の中に、スプリングフィールドが閉じ込められてしまうのです。

そのでっかいガラス(?)は、一体いつどこで作ったんだい?
作戦決定から実行まで、えらい早かったけど?
なんてつっこんではいけない。

閉じ込められた町の人々は、最後の池に不法投棄したのがホーマーだと知って、彼の家になだれ込んできます。
シンプソン一家は、たまたま庭に出来た「あり地獄」がガラスの向こうに通じていたため、それを通って外に逃げ出しました。
っていうかさ・・・それならみんなて地面を掘れば、町の人は外に出られるじゃんねえ。
どうして誰も試みないの!?なんてつっこんでもいけない。

マージに見捨てられそうになりつつ、必死で泣きついて一緒に行動することを決意させ、ホーマーの夢に従ってアラスカまで逃避行する一家。
アラスカでうまく生活していると思いきや、スプリングフィールドそのものの抹消計画に気付いたマージは、自分達の町に戻ろうとします。
でも、ホーマーは戻らない。
何しろ自己中ですからね。
ホーマー1人置いて、マージと子供達3人はスプリングフィールドに戻るものの、途中で政府に捕まり、ガラスの中に入れられてしまいます(出入り口はどこだ!?)。

そして、ホーマーが自力でガラスの中に入ってきます。
彼はガラスの一番上まで上っていって、そこからロープを伝って降りていったんだけど、そのロープに実は爆弾がぶら下がってたんだな。
下からは「クモの糸」よろしく、ロープを上って脱出を試みる人が沢山いたんだけど、ホーマーが全員蹴散らしてしまったというわけ。
しかも、最後にロープまで切れちゃった。

彼のせいで隔離され、彼のせいで最後の望みを絶たれ、しまいには爆発までの時間まで短縮してくれちゃったんだよ、この男は!!!
き~っ!!!
許せん!!!!!

最後には、ホーマーとバーとのコンビで、爆弾をはるか上空の穴から外に放り投げて一件落着。
でもさ、最後にどうやってヒーローになろうとも、結局すべての原因になったのはその男なのよ!
私だったら絶対に許せ~ん!!!

そんなお粗末な内容でした。
私は英語版で見たけど、日本語吹き替え版はひどい出来だといううわさ。
まあ、確かに・・・ラインナップを見ただけでも・・・それは想像出来るよ・・・。
どうしてプロの声優さんを使わないのかしらね。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。