ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28 Weeks Later (2007)


28 Weeks Later - Trailer


28日後の続編。
28日後は全然お気に入りじゃないんだけど、怖いもの見たさで続編を見てしまった・・・。
案の定怖かったわ~。

前作と監督が違うせいか、ストーリーもちょっと違う。
28日後みたいに気弱な子が平気で人を殺すような残忍さを身につけるっていう違和感はなかったけど、ウイルスと家族を結びつけるのは結構ムリがあるし、接触から発症までの時間が異常に短くなってような・・・。
そして、相変わらず残酷でしたね~。
コード・レッドの怖いこと怖いこと・・・。
感染した人が人を襲って殺すのは当然だけど、正常な人間が今まで守っていた市民を、感染の有無に係わらず(イチイチ見分けてられないから)皆殺しってのは・・・人間の恐ろしさだね。

 28 Weeks Later
 28週後...

題名28 Weeks Later28週後...
監督Juan Carlos Fresnadilloフアン・カルロス・フレスナディージョ
出演Robert Carlyle
Jeremy Renner
Rose Byrne
Mackintosh Muggleton
ロバート・カーライル
ジェレミー・レナー
ローズ・バーン
マッキントッシュ・マグルトン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

始まりはウイルスが猛威を振るっている当時から。
ドン(ロバート・カーライル)とその妻アリス(Catherine McCormack)は、他人と一緒に他人の家にこもって生活しています。
でも、そこも当然襲われるのです。
その時、ドンは感染者に襲われるアリスを見捨て、部屋に鍵をかけて閉じ込めてまで自らの安全を図ったのです。

ドンはその後無事に生き延び、ウイルス全滅宣言の後イギリス復興に深く係わった様子。
死体の処理や、町の消毒も終了しきっていない状態で、ロンドンの一部に閉鎖された小さな町が出来て、そこのメンテナンス責任者みたいな重要なポストに付いていいました。

ドンとアリス夫婦には子供が二人いたんだけど、彼らはスペインの難民キャンプからロンドンに戻ってきました。
アリスの最期を伝えるドン。
本当のことは言えないから、この嘘つきめ!!って感じの語り口調です。
そして母親のことを語った後、古い家には戻れないよ、と告げたら子供達は不満気。
区画外への立ち入りは禁止なのに、彼らはこっそり抜け出して、案の定自分達が住んでいた家まで勝手に行ってしまいました。
そしてそこで、奇跡的に生き残っていたアリスを見つけたのです。

抜け出した2人に気付いていた米軍は、遅ればせながら行き先を突き止めて現地に到着。
子供2人と、2ヶ月ぶりに見つけた生存者、すなわちアリスを確保します。
そしてアリスの血液は調べられたんですが、彼女は何とキャリアだったんですね~。
これが28週後にウイルスがよみがえった謎です。
別に医学的には全然特別なことではない。

けど、ウイルスに感染しても発症しない「キャリア」なんて初めての存在。
生き残って、意識も普通である以上感染していないのがそれまでの常識だったので、アリスが生きていると知ったドンは、誰に許可を得るでもなくアリスに会いに行きます。
厳重に管理された病室にいるんだけど、ドンは何しろメンテナンス責任者だから、どこにでも出入り自由なパスを持ってるんですね~。

アリスに出会い、キスをすることによってあっという間に感染、発症するドン。
そのままアリスを殺します。
この時に彼女の目をつぶすんだけど、それがものすっごい怖かった~~~~。
痛い痛い!!!痛いなんてもんじゃないから!!!!

その後はお決まりの展開です。
米軍はコントロール出来なくなり、「感染者だけを狙って撃て」という命令を「コード・レッド」に切り替えます。
感染してようがしてまいが、その区画にいる人間は皆殺し。

父親は感染したけど、子供達は無事。
子供達を保護に来たのは、母親の血を検査したドクター、スカーレット(ローズ・バーン)でした。
母親がウイルスに対する免疫を持っていたのなら、その子供達にも体質が遺伝している可能性がある。
必死の思いで子供達を守るスカーレット。
彼女達は、軍のスナイパーであるドイル(ジェレミー・レナー)と行動を共にします。

一通りの銃撃戦が終わった後は、町全体の壊滅作戦。
火炎弾を落とし、毒ガスを使って地区で生き残っている人間を無差別に処分していく米軍。
たとえ軍の一員であっても、既に作戦から離れてしまっているドイルとスカーレット、そして一緒に行動している子供達も処分の対応です。
そんな中、他の3人を守るためドイルは命を落とします。
ガスマスクを被って作戦を実行中の、本当は仲間のはずである軍人に焼かれて死んじゃうのよ!
ああ、無差別殺人って本当に背筋がぞっとする。

残されたスカーレットと子供達は車に乗って逃げます。
ウイルスに感染したら理性も何もないんだから、車なんて運転できるわけないし、それはつまり車を運転している人は感染者ではないって証拠にもなると思うんだけど、それでも軍は容赦なく抹殺を試みるのです。
感染者の恐怖より、こっちの恐怖の方が大きかったなあ。

ストーリー性をもたせるため、最後は子供達と感染した父親の一騎打ち。
この父親、感染者のくせに、最後に出てくる余地を残すためか、他の感染者と行動パターンが違うんだよね。
それがすごい違和感・・・何特別扱いしてんだか・・・。

息子のアンディ(マッキントッシュ・マグルトン)は父親に噛まれるものの、殺される前に姉のタミー(Imogen Poots)が父親を撃ち殺します。
不幸なことに、アンディは免疫を母親から受け継いでいたため、その場で発症せずにキャリアに。
そしてキャリアの存在を認識し、重要視していたスカーレットなき今、その感染を阻むものは何もなかったのです。
全世界滅亡を予感させるように、エッフェル塔と感染者の映像で、この映画は締めくくられました。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。