ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beowulf (2007)


Beowulf - Trailer


イマイチ・・・。
実写かと思ってたのに違うんだもん。
アニメと実写の合成映画でした。
アンソニー・ホプキンスの顔は結構手が入っていたので不自然だったし、ジョン・マルコヴィッチもかなり処理されていたので、表情とか動きが相当アニメでした。
物語の中盤で初めて姿を見せるアンジーは実写率が高かったけど、最後のはイチから作ったCGに見えたな~。
レイ・ウィンストンは若いうちはほぼ実写だったけど、年取ってからの映像はCGでしたね~。
特殊メイクとCGだったら、特殊メイクの方が全然本物っぽいんだなあ、なんて変なことを考えちゃいました。

肝心のストーリーは・・・まあ、こんなものかね。
日本語の宣伝文句は間違ってないよ。
「この誘惑が世界をもてあそぶ」
本当にそんな話です。

巨人、グレンドンはバック・トゥ・ザ・フューチャーのパパ役だったCrispin Gloverです。
い、言われなきゃ分かんないな~これは~。
言われて見ればなんとなく、巨人の顔に彼のおもかげが・・・見える気がする・・・。

 Beowulf
 ベオウルフ/呪われし勇者

題名Beowulfベオウルフ/呪われし勇者
監督Robert Zemeckisロバート・ゼメキス
出演Ray Winstone
Brendan Gleeson
Anthony Hopkins
John Malkovich
Angelina Jolie
レイ・ウィンストン
ブレンダン・グリーソン
アンソニー・ホプキンス
ジョン・マルコヴィッチ
アンジェリーナ・ジョリー


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

何を見ても案外ストーリーが書かれていなかった。
「歴史上最古の英雄叙事詩」ってことで、かなり荒いアラスジならwikiとかにもあったけど、荒すぎてつかめなかったんだよね~。

叙事詩のほうは知らないので、映画の流れを少し。
アンソニー・ホプキンス演じる王様、フロースガールの王国は、グレンデル(クリスピン・グローバー)の恐怖が暗く覆いかぶさっています。
彼の国へ、海を渡ってやって来たのがベオウルフ(レイ・ウィンストン)。
話を誇張する傾向があるけど、一応本物の英雄らしく、ベオウルフのお父さんとフロースガールは知り合いだったらしい。

ベオウルフの歓迎会を開き、その夜巨人グレンデルがやってきます。
ベオウルフはすっぱだかで巨人グレンデルに立ち向かい(この辺のノリがいかにも歴史上最古の英雄叙事詩っぽい)、腕を落とします。
グレンデルはその場で死ななかったのに、やっつけたぞ~!と喜ぶ彼ら。
いやいや、歩いていなくなったから手以外の部分がないんでしょ!?
生きてるってことじゃんよ!!!
なんてことを思ってはいけない。
実は生きてて、やっぱりベオウルフはほら吹きだ!って話ではないので大丈夫。

母親の元で息を引きとったグレンデル。
母親の慟哭がものすごい悲鳴となって王国中に響き渡ります。
そこでびっくりしたのはベオウルフ。
巨人の母親なんて聞いてないぞ~!!
何匹モンスターを倒せばいいんだ~!?
ちょっとビビリ気味だけど、結局母親を倒しに行くことに。
でも、実際は彼女の誘惑に負けてしまうのです。

母親の洞窟から戻った彼は、王様から全てを託されます。
「もう彼女は私の呪いではない」と意味深い言葉を残し、彼は塔から身を投げてしまいます。
やっべ~、あのグレンデルって王様の息子だったのか・・・俺も息子作ってきちゃったよ!!!
と、確実にベオウルフは心の中で思ったにチガイナイ。

父親の資質が現れるのか、王様の息子はグレンデルみたいな出来損ないの巨人だったのに、ベオウルフの息子は立派な竜でした。
しかも死んだ後人間の姿になってましたし(肌は母親と同じ金色で、そのまま海に流れちゃったけど)。
この竜もおじちゃんベオウルフが倒すんだけど、彼の葬儀に母親がまたしても現れるのです。

現王はベオウルフの古い仲間で、ずっと一緒だったウィグラーフ(ブレンダン・グリーソン)なんだけど、彼は母親を跳ね除けるのか!?
歩み寄ってますけど!?
跳ね除けろ~~~!!!
今すぐそれ(映画の中で母親との契約の象徴になっている金の杯)を投げつけろ!!!

って思ってたら、跳ね除けもせず、それ以上近づきもせず、エンドロールが始まってしまった。
ちぇっ・・・分かんないのかよ・・・。
ウィグラーフもいいおじいちゃんだけど、男はいくつになっても男だからなあ。
でも、今からウィグラーフと子供を作っても、子供が暴れられる頃にはウィグラーフは生きてないと思うぞ・・・っていうか既に王様だから甘い約束は必要ないのでは・・・あ、最後まで見せて欲しかったなあ!!!
もったいぶった終わり方して~~~!!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

全編CGですよ

一応 | URL | 2008年04月26日(Sat)10:56 [EDIT]


実際役者に演らせたデータを元に作り上げた実写に近いCGと、イチからコンピューターで作ったのかしら?といった感じのちょっと不自然CGが混ざっていたので、実写とCGの合成だという言い方をしてしまいましたが、誤解を招く表現でしたね。

ふる | URL | 2008年04月26日(Sat)23:59 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。