ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海猿 (2004)

海猿 スタンダード・エディション海猿 スタンダード・エディション
(2005/02/16)
伊藤英明、加藤あい 他

商品詳細を見る


おもしろかった。
おけつ丸出しの男ノリには大笑いしたけど。
工藤君の頑張りにちょっと感動したよ。
伊藤淳史、かなりはまり役でしね~。
カナヅチだったのにこの映画のためにものすごい頑張ったんですって。
訓練主任役の藤竜也がすごく渋くて格好いいです♪

映画っていうか、ドキュメンタリー見た感じだったな~。
訓練シーンも吹き替えなしみたいだし。
役者さんもスタッフもものすごい頑張ったんだねえ。

でも、女性を絡めたのはちょっとムリヤリだったような・・・。
パートナーだった工藤の死後、仙崎(伊藤英明)が環菜(加藤愛)に泣きつくシーンが結構違和感でした。
環菜の台詞はかっこよかったけど。

加藤愛って・・・普段の喋り方も演技もまったく一緒だねえ。
誰だこのとぼけた喋り方してる役者は?って思ったら、彼女でした。
インタビュー見ても同じ表情に、同じ喋り方してる・・・。

エンドロールの最後までぼけ~っと見てたら、続編へ続くサービス映像があるんだね~。
ああ、これで続きが出たわけか。
しかし・・・ストーリーを見る限りちょっと、っていうか、かなりムリヤリなような気が???
伊藤英明も加藤愛も、このエンドロールの後の映像を試写会まで知らなかったっていうのがかなり笑えました。

特典デスクもかなり楽しいので、本編1枚だけでちょっと安い海猿より、スタンダード・エディッションをお勧めします♪

 海猿

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。