ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hot Fuzz (2007)


Hot Fuzz - Trailer


予想外におもしろかった~。
ギャグ映画でしょ~?ってちょっとバカにしてたけど、借りてよかったわ~。
ほぼ同じキャストで送る、ショーン・オブ・ザ・デッドを見てみようかな?って思っちゃった。
でもゾンビ系みたいなんだよね・・・悩む・・・。

舞台はイギリス。
英語もイギリス。
なのにプロデュースは米国・・・映画ってこの辺よく分からないんだよな~。

イギリスが舞台なのにものすごい銃撃戦で、ハリウッド映画を風刺するような雰囲気もあって、そのアホさ加減がおもしろい。

最後の銃撃戦に至るまでは微妙にシリアスな展開で、サイコな怖さがあります。
TheWickerMan 系か~?って心配したけど、最後はハリウッド的に派手に締めてくれました。
いや、そいつら生きてるのおかしいだろ!って辺りも含めてハリウッド風でした(笑)。

 Hot Fuzz

題名Hot Fuzz
監督Edgar Wrightエドガー・ライト
出演Simon Pegg
Nick Frost
Jim Broadbent
サイモン・ペッグ
ニック・フロスト
ジム・ブロードベント


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

ロンドンの敏腕刑事ニコラス(サイモン・ペッグ)は、その有能さがあだになって田舎町に左遷されてしまいます。
この田舎町の警察署はかなりの曲者揃いで、み~んな精神異常!?っぽくてちょっと気持ち悪い。
町の人たちも同じようにちょっと気持ち悪い。

のんびり平和な田舎町、平和ボケした警官達に、ニコラス君は苛立ちがつのるばかり。
でも、相棒のダニー(ニック・フロスト)が気の抜き方を教えてくれます。
ニコラス君はまじめ一辺倒だから映画も見ないんだけど、ダニー君は映画ダイスキ!で、まずは彼に映画を見せるんですね~。
彼の一番のお勧めはBad Boys II。

殺人事件が連続する田舎町。
明らかに怪しいし、明らかに殺人なのに、み~んな「アクシデントだよ~」と口裏合わせたように言い続けます。
殺人、殺人と騒ぎ立てるニコラス君の方が異常者扱い。
この辺りがサイコちっくで気持ち悪いです。

殺人者の魔の手がニコラス君に及んだ時、真相が分かります。
実は、町の有力者がこぞってグルだったのです!!!
警察署長(Jim Broadbent ジム・ブロードベント)も当然グル。
ダニー君のおかげで命こそ取られなかったものの、町を出る羽目になります。

だがしかし!
ニコラス君はそれでは終わらなかった!!!
ふと立ち寄ったコンビニで「Bad Boys II」のDVDを見て、腹をくくって町に戻るのです~。
そこからはハリウッド映画ですよ。
映画みたいにかっこいい台詞を言ったほうがいいかな?なんて言っちゃって、そこはかとなく笑える。

あ、町の有力者達は全員武装してたんだ!
そんな普通のおばちゃんがマシンガン撃っちゃうんだ!
っていう辺りがハリウッドらしくなく、でもハリウッドの真似事みたいでかなりコミカル。
最後には一件落着して、何気に誰も死んでない辺り映画っぽくて素敵です。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。