ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Last Mimzy (2007)


The Last Mimzy - Trailer


予告編はちょっと怖そうだったけど、そんなことなかった。
そんなとこにそんなものが落ちてるわけないだろ!
って思ったけど、そこはお話ですからね。
ミムジーちゃんが「Intel Inside」だったのに笑ったわ~。
最後は一件落着。
でも、一件落着すぎない!?
FBIはそんなに物分りがよくないと思います。

 The Last Mimzy

題名The Last Mimzy
監督Robert Shayeロバート・シェイ
出演Rhiannon Leigh Wryn
Chris O'Neil
Rainn Wilson


レイン・ウィルソン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

湖で拾った不思議な箱。
ぱかっと開いた中身は不思議な板。
お兄ちゃんのノア(Chris O'Neil)は興味津々で見てるんだけど、お母さんには普通の岩にしか見えないらしい。

妹のエマは夜中一人でもう一度箱を開けます。
中からはまた新しいおもちゃが。
そして一番下からはうさぎのぬいぐるみ、ミムジーが出てきます。

エマのミムジーも、ノアの板も不思議な電子音を立てる。
エマはミムジーの電子音を「聞ける」らしく、会話している。
そのうちノアはものすごい天才になって、科学のクラスでものすごいレポートを発表。
エマは箱から出てきた石を空中でまわし、不思議な磁場を発生させます。

2人の子供の様子が異常なので、両親はとっても心配。
そんな彼らの所へノアの科学の先生がフィアンセと共に訪れます。
なんだか超科学的なことを言う先生達に余計恐怖心がつのる母親。
これはただ事ではないと思った父親は職場から長期休暇をもらいます。

その矢先にFBIが彼らの家に踏み込んでくる。
というのも、ノアの板がこれまた箱から出てきた軟体動物状のおもちゃに吸い込まれた時、強力な電磁波か何かを発したため州の半分が停電に陥ったのです。
停電の原因を研究していたチームは、ともかく何かがこの家から出てきたということを突き止めたのでした。

家族4人でFBIに捕まってからは話はさくっと進みます。
エマはFBIの人や家族に対し、ミムジーは未来から来たと話し始めます。

未来の人は何かをなくしてしまって、それは私達の遺伝子に含まれている。
人は時間を旅出来ないから、代わりに人形を作って旅をさせているのだとか。
過去に何回もミムジーを送り出したけど、どの子も戻ってこなかった。
この子が最後のミムジーで、未来に送り返さないとこのままでは死んでしまう。

そんなの信じる大人なんて一人もいませんよね~。
当然ですよ、しかも相手は頭の固いFBIですよ。
でも、ミムジーの時間は迫っていたので、エマとノアは取り上げられたグッズを取り戻し、夜中に抜け出して家に戻るのです。

ノアが偶然作ってしまった、停電を引き起こした機械はジェネレーターで、エマが石をまわして作る磁場を強力にし、その中に入れたミムジーを未来に返します。
そんな様子を見ていたFBIは、これで事件は解決だね、みたいに去っていくんだけど、そんなに簡単なわけないだろ~~~!!!
停電の原因はそのジェネレーターだったし、それは未来から来たものだったし、今はなくなっちゃったし、相手は子供だし、どうやって政府に報告するのさ!?

子供達の様子が、無邪気っていうよりちょっと異常。
ミムジーも敵か味方か分からないし。
そういう意味ではちょっと怖い話だったかな~?
一件落着で終わったけど、それはちょっと無理矢理だろう・・・。

科学の先生とそのフィアンセも相当おかしい。
ノアが書いた絵が大昔の曼荼羅と一致したって、それって意味あるの???
そのネタはよく分からなかったな~。

テクノロジーの結晶なのに、箱から出てきた板が母親には石に見えたっていうのもよく分からないし。
その板のおかげでノアが異常に頭がよくなったのもどうなの!?って感じ。
エマにいたっては超能力者みたいになっちゃうしね。
ミムジーが未来に帰った後は普通に戻ったのかしら?

ちなみに、ミムジーを迎え入れた未来の世界では、超能力は普通です。
み~んな空飛んじゃってたし。
ううむ・・・なんか納得いかない。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。