ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Premonition (2007)


Premonition - Trailer


イマイチ・・・。
DVD発売に伴うCMを見てちょっとおもしろそうだなって思ったんだけど、そういや公開当時はちらりとも見たくなかったわ。
そんなことを当時のポスターを見て思い出した。

サンドラ・ブロックが主人公。
彼女は2人の娘がいるお母さんなんだけど、夫の死の前後1週間、時間の中を行ったり来たりする。
夫をそのまま死なすべきか、助けるべきか?
最後は衝撃でも何でもない(笑)
え~!!って感じ。

 Premonition

題名Premonition
監督Mennan Yapo
出演Sandra Bullock
Julian McMahon
サンドラ・ブロック
ジュリアン・マクマホン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

旦那様が車の事故で亡くなりました。
リンダ(サンドラ・ブロック)は自宅を訪れた警官からそう聞かされます。
でも、翌朝起きてみたら旦那は普通に朝ごはんを食べている。
夢にしちゃやけにリアルだったので、混乱気味の彼女。
翌朝起きたらやっぱり旦那は死んでいて、お葬式当日でした。
でも、翌朝起きたらまたしても旦那が生きている。
どうなってるの!?と混乱するのも無理からぬことです。

日々曜日をあまり気にしない主婦だからこその混乱だよね。
時間が前後してる!って気付いて表を作ってみたら、旦那が死ぬのは水曜日で、警察にそれを聞かされたのは木曜日、自分が精神科医を訪れたのは火曜日で・・・と、タイムラインの混乱が明らかになります。
とは言っても、起きた時に一体自分がどの時間にいるかよく分からない。
時間を前後するうちに旦那の不貞も明らかになって、最初は彼を助けようとしていたリンダなのに、死んだ方がいいのかも知れない・・・と考え出す始末。

結局旦那を助けようとするんだけど、蓋を開けてみたら彼女のせいで死んだようなものでした。
それじゃあ、木曜日に初めて警察から話を聞いたリンダはどこ行っちゃったんだ!?
長女の顔の傷は木曜日にはなかったんじゃない!?
あれって火曜日とか月曜日とかにつかなかったっけ!?
なんていう不具合はありましたがね・・・。

旦那の不貞が発覚した後、リンダは教会に行って神父様とお話します。
その内容がキーになって、最後に目が覚めた時には数ヵ月後。
旦那を亡くしつつも3人目を妊娠した彼女が、引っ越すところで終わりました。
そうねえ、神父様が今生きていること自体が奇跡なんだよって言ってたからねえ。
時間を前後したからこそ新しい命を奇跡的に授かり、旦那は助けられなかったけど家族の絆は深められたわけですね。

イマイチ盛り上がるポイントがはっきりしなくて、起承転結のないず~っと無意味に緊張感の続く話だった・・・。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。