ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Children of Men (2006)

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
クライヴ・オーウェン (2007/03/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


イギリスが舞台だし、イギリス映画かな?と思ったら、意表をついてアメリカ産でした。
結構おもしろかった。
子供が産まれない社会ですっていうのを見てる人に知らせるのがとても上手だった。
待っているのは人類の絶滅なわけで、そりゃみんなだるい感じにもなるわな。よく毎日仕事とかしてるよねえ。

Human Projectって一体何さ?
って辺りが説明不足で(英語が分からなかっただけかも)、何故妊娠した少女をそこに引き渡すのかがイマイチ分からず。
いいじゃん、普通に産めば。政府はちょっと信用出来ないけどさ~。
絶望してる、そこら中にいる普通の人が全員味方になってくれるから、政府もゲリラも下手なこと出来ないと思うんだけどなあ。

少女が現在の保護者であるゲリラより、唐突に現れたテオ(クライヴ・オーウェン)を信用するのもどうも納得いかない。
そんな部分はありつつも、全体的にはおもしろかったです。
ちょっと怖かったけど。

子供が生まれない世界って、なんか妙に説得力があるよね。
確実に以前よりは不妊の確率が高くなってるし、産まない(妊娠しない)ことを選ぶ人もいるし。
環境ホルモンとか、自分達が作った化学物質が自分達の首を絞めて、結局人類滅亡に向かっていくっていうシナリオがあってもおかしくないもの。

子供が生まれなくなったら、人間は一体どうなっちゃうんだろうね?
そんな怖いことは考えたくないねえ。
でも、絶滅していく動物達は、世界でただ1匹になりながらも寿命を全うして最後まで立派に生きてるわけで。
人間が最後の一人になったら、とてもそんな風には生きられない気がするなあ。

 Children of Men
 トゥモロー・ワールド

題名Children of Menトゥモロー・ワールド
監督Alfonso Cuaronアルフォンソ・キュアロン
出演Julianne Moore
Clive Owen
Michael Caine
ジュリアン・ムーア
クライヴ・オーウェン
マイケル・ケイン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

地球上で最も若い男性「Baby Diego」が死んでしまったというニュースがイギリスを悲しみに包みます。
この辺りからここは子供が生まれない社会だっていうのがだんだん分かってくる。
下手にモノローグで説明しないところがいい。

Baby Diegoなんて赤の他人だっていうのに、みんながテレビを見てすすり泣いている状況はものすっごい異常。
世界の病み具合が端的に描写されてます。
なんか、ぞっとする感じ。

突然テオがFishと名乗る人権団体に拉致されます。
えらい唐突だな~と思ったら、そこのリーダーであるジュリアン(ジュリアン・ムーア )は離婚した(のかな?)元妻でした。
ジュリアン、大活躍かと思ったらさくっと死んじゃったよ。
楽しみにしてたのに・・・短いながらも存在感はあったけど、彼女の目指しているものがよくわからなかったなあ。

マイケル・ケインはテオの古い友達、ジャスパーを演じてるんだけど、かなりいい味出してたな~。
怪しい気違いなんだけど、怪しくなりきらずにチャーミングなの。
さすがマイケル♪
死の間際までFishをおちょくる精神力には脱帽です。

ジュリアン、ジャスパーの死後自分だけで妊娠している少女キー(Clare-Hope Ashitey)をHuman Projectに引き渡そうと奔走するテオ。
難民キャンプのある町でHuman Projectの船と接触するしかないため、難民の振りをして乗り込みます。
妊娠してるだけなら誤魔化しようがあるのに、とうとう出産してしまうキー。
っていうか、何で9ヶ月になるまで放っておいたんだあ?
もっと早くHuma Projectに引き渡せばよかったのに。
連絡を取るのにものすごい時間がかかったにしても、それは危険な橋すぎるよねえ。

キーが娘を出産した翌日、難民キャンプを仕切っているゲリラグループとジュリアン亡き後ニューリーダに従うFish、そして軍との間で銃撃戦が!
テオは撃たれながらも、ゲリラではない普通の人々に助けられながらボートに乗り込み、沖合いでHuman Projectの船との接触を図ります。
でも、結局船が来る前にテオは死んじゃうんだけどね。
1人残されたキーは発狂寸前ですよ。
小さいボートに死体と生まれたての赤ん坊と自分だけ。
頼りにしてる船は来ない可能性もあるし、そうなった場合自分ひとりで小さいボートを漕いで待ちに戻るのか?
戻っても一体どうしたらいいか分からないじゃん!!!

幸い死後さほど経たずにお迎えが来てくれたからよかったけどね~。
でも、船を見たところで映画はおしまい。
最後は子供の笑い声と共に終わったから、Human Projectは成功したのかもね。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。