ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Conversations With Other Women (2006)

Conversations(s)/カンバセーションズ Conversations(s)/カンバセーションズ
ヘレナ・ボナム=カーター (2007/07/27)
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)

この商品の詳細を見る


Thank You for Smokingのアーロン・エッカートが出てたから借りちゃいました。

おもしろかった!って言える種類の映画じゃないけど、こういうのもありかな。
このやる気のない音楽が好きよ~。
最後にクレジットを見てえ!?って思ったけど、主人公の男女の名前が最後まで分からないんだよ。
ManとWomanになってるの。
ずっと彼らが画面に映ってるのにね。

10年振りに再会した男女の会話劇。
物悲しくも現実的な女性と、ロマンティックな男性。
女性が何を感じているかは最後まで分からなかったな~。
男性はちょっとかわいそうでしたが・・・まあいいでしょ、かわいい彼女がいるわけだし。

っていうか最後は一体どうなったんだ?
別々のタクシーに乗ったと思ったんだけどね・・・。

 Conversations With Other Women
 カンバセーションズ

題名Conversations With Other Womenカンバセーションズ
監督Hans Canosaハンス・カノーザ
出演Aaron Eckhart
Helena Bonham Carter
アーロン・エッカート
ヘレナ・ボナム=カーター


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

終始画面が2つに割れてたのが見難かった。
字幕も見なきゃいけないし、画面も両方見ないといけないし。
基本的に微妙に違う視点から見た同じシーンなんだけど、油断してると一方が過去になったり、時間がずれてたりする。

この2人は全くの他人に見えたんだけど、実は昔離婚した夫婦だったんだね~。
女性はもう再婚してるって言ってたのに、一番最後タクシーの中ではもう結婚してないわって・・・あ!?
2度目の結婚、ロンドンの夫と別れたって意味か!?
だから2人で同じタクシーに乗ってたのか~。
それで最後に背景がぴったり合ったのか。
終始左右に分かれた構図は微妙にずれてるから、同じ場所にいるのか違う場所にいるのかはっきりしないんだよね。
別々のタクシーに乗って、お互い運転手と話しているのかと思いきや、同じタクシーに乗って3人で会話してたわけね。
その割には会話が噛みあってなかった気がしたけど。
何だ~、結局2人ともオバカなロマンチストなんじゃん。

2人の絡みがあるんだけど、私はヘレナのお腹に注目してしまった。
あ、女優さんなのにちょっと出てる(私ほどではない)って感じで。
何か親近感湧くわ~(笑)。

2人が若い頃の映像も出てくるんだけど、それが結構似てるんだよね~。
まあ、画面が小さいこともあってはっきり認識しずらいだけかも知れないけど。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。