ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thank You for Smoking (2006)


サンキュー・スモーキング-予告編


iFilmに日本版予告編があったからそっちを貼ってみた。
胡散臭いTVショッピングみたいで笑える。
もうちょっと映画の雰囲気を見たい方は英語版をどうぞ。


Thank You For Smoking - Theatrical Trailer


これは英語で見るのは厳しかったな~。
何回も見て辞書片手に気合入れてもまだ理解が足りないよ。
日本では去年の10月14日から公開されたみたいだけど、まだ新橋でやってます。
ああ、見に行きたい(笑)。

口が回って、自分の哲学を持ってる人って無敵!
あざやか!
爆笑系コメディじゃないけど、社会風刺コメディ的にはかなりよく出来てて、DVDを買おうかと思っております。

↓日本語版買っちゃいました♪

サンキュー・スモーキング (特別編)サンキュー・スモーキング (特別編)
(2007/09/07)
アーロン・エッカート.マリア・ベロ.キャメロン・ブライト.ケイト・ホームズ

商品詳細を見る


 Thank You for Smoking
 サンキュー・スモーキング

題名Thank You for Smokingサンキュー・スモーキング
監督Jason Reitmanジェイソン・ライトマン
出演Aaron Eckhart
Cameron Bright
Katie Holmes
William H. Macy
J. K. Simmons
アーロン・エッカート
キャメロン・ブライト
ケイティ・ホームズ
ウィリアム・H・メイシー
J・K・シモンズ


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

タバコ界のカーネル・サンダース、ニック・ネイラーを演じるのはアーロン・エッカート。
割れあごがセクシー♪

息子役、何か見覚えあるなあと思ったらX-Men 3に出てきた男の子だ!
ミュータントの力を無力化する能力を持つって言って、研究所に閉じ込められてた子!!!
X-Menでは坊主頭だったからピンとこなかったけど、キャメロン・ブライトですよ。
子供的にかわいい顔じゃないし(すまんキャメロン)、かなりクセがあるんだけど、印象的な眼差しだよね。
それがこの映画でも効果的に働いてました。
一般的に理解し難い仕事をしている父親を持ち、愛情を持って既に母と離婚して別居している父親の仕事を理解していく息子。
かなりいい味出してましたね~。

MOD's squadの会話もかなりいい味出してたけど、父と息子の会話でかなりおもしろかったのが二つほど。

父親の元で週末を過ごす息子が作文の宿題をするの。
作文のお題は「何故アメリカ政府は世界最高なのか」。
このお題、実際アメリカの学校でやってそうで笑っちゃった。
小さい頃からアメリカがベストだ!って叩き込まれて育つのね~って。
それに答えるニックの言い分がかなりおもしろい。

もう一つはニックが自分の仕事を説明するのに息子に言った台詞。
分かりやすい説明をするため、お互いを弁護士に見立てます。
子供にも分かりやすいように弁護する対象をアイスクリームにして、バニラ味とチョコレート味、どっちがいいか?というのを議題にする。
父親のニックはバニラを、息子はチョコを弁護。
ニックは調子よく舌をまわして一見無関係な場所に話を持って行き、チョコレートが全てではない、自分は自由を求める!とか尤もらしいことを言い出す始末。
その後の二人の会話。

「(自由とか)そんなことを話してるんじゃないよ」
「あ~、でも僕が話してるのはそれなんだよ」
「でも、僕を説得できてないよ」
「いいんだよ、僕はお前を追ってるんじゃない。彼らを追ってるんだ」

そう言いながらニックは周囲にいる人を指差す。
その後の間と息子の様子が絶妙。

は~、大衆向けに話すってこういうことなんだ~。
議論の相手を説得するのが目的ではなく、議論によっていかにそれを見ている一般大衆、潜在顧客に対して語りかけるかが問題なんだ~。
言われてみれば当然だけど、あそこまではっきり言われると目から鱗でした。
こういう人に騙されちゃいけないね~(笑)。

殺されそうになりながらも業界を生き抜いていくんだけど、女性リポーターにしてやられてクビ。
この女性リポーター、ケイティ・ホームズでした。
トム・クルーズの奥さんじゃん!
こんな顔してたんだ・・・知らなかった・・・。

ニックのボス役はスパイダーマンでお馴染みのJ・K・シモンズ。
タバコを宿敵として、ニックを敵対ししている上院議員役にはウィリアム・H・メイシーと、なかなかクセのある役者をそろえております。
一見の価値ありですよ!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アメリカがベストだ!って小さいころから教えられるって、たぶん、日本以外の全ての国でやってる教育だと思う~それこそが、自国に対するロイヤルティーを育てるんじゃないな~
日本人にそれがないのは、日本ってこんなダメダメなんですよ~っておしえちゃうからじゃない?だから、自分の国が好きじゃない人だらけなんじゃないかなぁ~

でも、ふるさんってすごいよ~
顔見て、役者の名前が出るもん!(当たり前か?)
びじゅは…一部の売れてる人しか、覚えらんない…
おバカ炸裂です…トホホ

びじゅ | URL | 2007年06月10日(Sun)14:52 [EDIT]


そっか

自国がベストだ!
なんて教育、確かに日本ではしないね。
敗戦国としてはそんなこと出来なかったんだろうね~。
そしてそのまま今に至ってしまうのね・・・。

役者の顔が出てくるのは極一部だよ!
これはちゃんと調べてるんですね~。
調べてればそのうち覚えるかな?とも思ったり。
知ってたらもうちょっと楽しみが増えるじゃない?

ふる | URL | 2007年06月12日(Tue)21:46 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

X-MEN

X-MENX-メン(エックスメン、''X-men'')は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックに登場するヒーローチーム、またそのコミックのシリーズの名。1963年に、原作スタン・リー、作画ジャック・カービーによる『X-Men #1』で初登場した。最初はあま
[続きを読む]

なつみの部屋 | 2007年06月17日(Sun) 05:23


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。