ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alfie (2004)

アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション アルフィー スペシャル・コレクターズ・エディション
ジュード・ロウ、マリサ・トメイ 他 (2006/09/08)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


軽いタッチのコメディーかと思ったら全然違う~。
自業自得とは言え、ちょっと悲しいジュードでした。
画面からジュードが常に観客に向かって話しかけてくるのがちょっと慣れなかったな。

 Alfie

題名Alfieアルフィー
監督Charles Shyerチャールズ・シャイア
出演Jude Law
Marisa Tomei
Omar Epps
Nia Long
Sienna Miller
Susan Sarandon
ジュード・ロウ
マリサ・トメイ
オマー・エップス
ニア・ロング
シエナ・ミラー
スーザン・サランドン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

最初の方は、このプレイボーイめ~!!!
って感じの軽いノリでよかったんだけど、何気に本命だったマリサ・トメイ(彼女はWild Hogsでも何気にヒロイン役をやっていたよ)に振られた辺りから急降下。
この時点で深く反省して彼女とやり直せばよかったのにな~。
精神的ダメージがめちゃくちゃ大きかったのに、だから病院にまで行ってたっていうのに、いやいや自分が女でダメになるわけがないって言い聞かせてるのがいけないよね。

その後の女性関係もイマイチ。
一目ぼれに近かったシエナ・ミラーは自分から振っちゃうし、今度こそ本気になるぞ!と思ったスーザン・サランドンからは手痛い仕打ちを受けて振られるし。
親友のオマー・エップスとその妻のニア・ロングを尋ねてみれば、ニア・ロングはジュードの子供を産んじゃってるし。
もう最悪ですよ。
それでどん底で終わるわけですよ。
一番最後にちょこっとだけ救いがあったけど、こりゃ女性はもうコリゴリだってなって、その後の一生をずっと一人で暮らしてもおかしくないような経験だよ。
プレイボーイのまま軽く終わる話であって欲しかったなあ。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。