ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Music and Lyrics (2007)


Music and Lyrics - Trailer (HiQ)


おもしろかった♪
何がおもしろいって、ヒュー・グラントのダンスが最高♪
真似したいわ~あの微妙なダンス!!!

ドリューもかなりキュート。
あんまり好きな女優さんじゃないんだけど、文句なしにかわいかった。
でも、素でインタビュー受けてるとこを見るとやっぱりあんまり好きじゃないけど。

 Music and Lyrics
 ラブソングができるまで

題名Music and Lyricsラブソングができるまで
監督Marc D. Lawrenceマーク・ローレンス
出演Hugh Grant
Drew Barrymore
ヒュー・グラント
ドリュー・バリモア


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

ヒューの歌もダンスも本物らしい。
ピアノも練習したみたい。
歌ねえ、上手下手はおいといて、結構いい声でした。

80年代のポップスター、その名もPOPっていうバンドがヒューの過去の栄光なんだけど、このPOPのミュージッククリップで映画が始まります。
これがまたおもしろいんだよ~。
歌もダンスも外見も。
あ~、ミュージッククリップってこういう訳の分からないストーリーみたいの埋め込まれてたかも。
今見るとカラオケの映像みたい~っていうおもしろさがあったわ。

ヒューの仕事ぶりもなんだか情けないなりに一生懸命やってるとこに涙を誘われる。
そりゃさ、ミニミニ遊園地の余興(とてもコンサートとは呼べない)ばっかりじゃやる気もなくなるって~。
しかもそれすらキャンセルされちゃ更にやる気ダウンですよ。

そんな彼に舞い込んだのが、現代のポップスター、コーラへの曲の提供だったんだけど、このコーラもまたおかしんだよ。
そのダンスも歌も頭おかしいでしょ!?
仏教にインスパイアーされたセクシー歌手って段階で意味不明だし(笑)
ブリトニーよりクリスティーナよりすごい!っていう設定なんだけど、それがあまりに非現実的で笑えた。
あのちょっと間違った過度のセクシー具合は、誰かに対する皮肉かな~?なんて思ってみたりして。
Haley Bennett(ヘイリー・ベネット)って、なんだか小西真奈美とイメージがダブるんだけど、ちょっと顔つきが似てない?
彼女、もともと細いんだけど、この役のために5キロ位落としたらしいよ。

ドリューのお姉さん役のKristen Johnston(クリステン・ジョンストン)、かなりいい味出してました。
いるいるこういう人!
子供向け番組みたいにキャラクターを強調してあるけど、これがまたはまってました~。

めっちゃ脇役だけど、本来なら詩を提供する筈だった作詞家のJason Antoonも、何気に最後まで顔を出していい味付けになってました。
記憶にないけど、The Producersに出ていたらしい。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。