ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

There Will Be Blood (2007)



つまんなかった・・・。
映像も暗いし、話も暗い。
話がなかなか進展しないのでかなり退屈。
ここまで盛り上がりなく進めておいて、どうやって終わるんだ!?
って心配になったら、結局それかあ。
ま~そんなこっちゃと思ったけどさ。
後味の悪~い映画でした。
映画に笑いやハッピーを求める人には向かないね。
まさに私ですが・・・。
アカデミーを取ったから見てみたんだけどね・・・。

あからさまにハッピーじゃなくても、笑いがなくても、じわっと来るものがあればいいんだよ~。
でも、これはあまりに暗すぎて、じわっていうか、ぞわっ。
2回見なくていいや、すぐ返却しよっと。

 There Will Be Blood
 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

題名There Will Be Bloodゼア・ウィル・ビー・ブラッド
監督 Paul Thomas Andersonポール・トーマス・アンダーソン
出演Daniel Day-Lewis
Paul Dano
ダニエル・デイ=ルイス
ポール・ダノ


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

カリフォルニアは石油が出ます。
今でも掘ってます。

石油採掘のために東海岸から西海岸まで来た男性、それが主人公のプレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)。
石油採掘所で働いていた彼は、息子(実は死んだ仲間の子供)を連れて採掘に望みます。

石油の採れる場所がある、と言って自宅をの農場を売り込んだポール。
彼は500ドルだけもらって、その後出て来ません。
プレインビューが「うずらを狩っている」と言う名目で、ポールの農場にキャンプに行くと、そこには彼の言った通りの家族が。
ポールの弟、イーライは胡散臭いキリスト教信者で、プレインビューとはその後ねじれた関係を築きます。

うずら狩りの振りをしながら農場を歩き回ったプレインビューとその息子は、石油が染み出ているのを発見し、核心を持ちます。
ポールの農場と周りの農場の人々を説得して、事業を手がけるプレインビュー。
でも、1箇所だけ手落ちがありました。
これが後で落とし穴になります。

石油は無事に出てきたものの、その時の事故で息子の耳が聞こえなくなってしまいます。
もともと子供っぽい、勢いと悪知恵はあるけどスマートではないプレインビューはこの息子の取り扱いにかなり気をもんでいたんでしょう。
突然現れた腹違いの弟を、普段の彼らしくなく信用し、いとも簡単に重用してしまうのです。

耳の聞こえない息子とは、筆談すりゃいいじゃんって思うんだけど、この時代の識字率はかなり低かったのかしらね?
そんな様子は微塵も見せず、ストレスのたまった息子がいたずらで家に火を放つと、強引にどこかの施設に入れてしまいます。

そこへ、大きな会社から事業買取オファーが。
太平洋までパイプラインでつなぐつもりみたいだけど、それが出来なければプレインビューには運ぶ手段がない。
それじゃあ無価値だ。
100万ドルで買い取るから、それで息子さんと仲良く暮らしなよ。
礼儀正しくそうオファーする彼らを、短気を起こして馬鹿丸出しで追い返すプレインビュー。
何が何でもパイプラインを作って、奴らを見返してやらないと気がすまない。

そこで地図を見直すと、太平洋へつなぐための重要な土地が買収されていない。
そう、それが事業を始めた時に抜けていた場所だったのです。
義理の弟と交渉しに行くものの、牧場主は不在。
帰ってくるまで時間をつぶしている間に、義理の弟とプレインビューとの間に亀裂が入った。
銃を片手に聞いて見たら、案の義理の弟とは真っ赤なウソで、赤の他人。
本当の「義理の弟」に会って、話だけ使わせてもらった、彼は結核で死んだ、すぐにでも去るからと言う彼を、激情のまま撃ち殺し、埋めるプレインビュー。

ぐったり疲れて眠っていたところを、件の牧場主に起こされます。
寝起きで交渉が始まったものの、牧場主の要求は思いもかけないものでした。

洗礼を受け、教会の一員になってくれ。

宗教を信じていない彼には寝耳に水。
しかも、教会の神父は大っきらいなイーライ!
それでも仕方なく洗礼を受け、見事パイプラインを設置。
事業はうまく行って、もくろんでいた会社と契約もし、万々歳。
そこで息子を呼び戻すのです。

話は一気に進んで、息子の結婚式。
そして更に進んで、息子が自立を望みます。
ニューメキシコで、自分で事業をしてみたい。
そういう息子に、お前は俺のライバルになるということか、と冷たく言うプレインビュー。
おそらくは息子を愛している筈なのに、裏切られたという思いからどんどんひどい台詞を浴びせ、しまいには「どうせ孤児だし、血はつながってない」と言い捨ててしまいます。

どうしてこの人はこうなんでしょうね!?
お金はあっても、残っているのは息子しかいないのに。
もうちょっと理性的に振舞えれば違うのに!

それから何事にも投げやりになったプレインビューは、機会を掴むとイーライをさんざん侮辱して気を晴らして上(ここはちょっと気分がよかった。イーライは胡散臭すぎる)、最後にはイーライを殺してしまうのでした。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。