ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

National Treasure: Book of Secrets (2007)



おもしろかったけど、ちょっと大風呂敷広げすぎちゃった?
バッキンガム宮殿とか、ホワイトハウスとか、そんな簡単に入り込めたらまずいでしょう。
しかも、バッキンガムなんて超簡単に入ってるし。
ホワイトハウスはそれなりに苦労っていうか、してるけど。
バッキンガム宮殿をバカにしてないかい?と、突っ込みたかった。
まあ、女王様がウィンザーにいる間なら警備も・・・いや、そんなことないよね。

スピーディーで、悪く言えば雑な展開。
誰かが追いかけてるって分かってるのに、無用心にお外で宝の地図を出しちゃったりとか、大統領の秘密の本を見た時には写真だけ撮って逃げりゃいいのに、のんびり読んでるとことか、ちょっとおかしなところが沢山あるんだけどね。
作り込みが足りない感じがしたな~。
非現実的な話なのは映画だからいいんだけど、細部にわたってあまりにも現実離れして都合がよすぎる展開だと、バランス取れないんだよねえ。

ライリーは相変わらずステキなキャラでした♪
でも、ウィルキンソンがどうしてそこまでして宝の発見者になって歴史に名を残したいとか言ってるのかよく分からず・・・そんな野心があるならもっと若い頃に何かしら大きいことをしてそうだけどなあ。
そして最後の出口では、自分とベンで歯車を回らずに、ライリーとベンにでも任せておけば真っ先に扉を出られたのに。
バカじゃないんだから、それ位考えるでしょう・・・。

 National Treasure: Book of Secrets
 ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記

題名National Treasure: Book of Secretsナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記
監督Jon Turteltaubジョン・タートルトーブ
出演Nicolas Cage
Diane Kruger
Justin Bartha
Jon Voight
Helen Mirren
Ed Harris
ニコラス・ケイジ
ダイアン・クルーガー
ジャスティン・バーサ
ジョン・ヴォイト
ヘレン・ミレン
エド・ハリス


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

ベン(ニコラス・ケイジ)が先祖について講演して、無事終わってパトリック(ジョン・ヴォイト)が壇上に上がってきたところで、突然口を挟むウィルキンソン(エド・ハリス)。
彼は、ベンの先祖が燃やしたとされるリンカーン暗殺者の日記の1ページを持っていると言い、しかもそれには彼の先祖は暗殺犯の属する秘密結社の一員だと読み取れなくもない記述が!

ベンの祖先は燃やされた日記に書かれていた暗号を解いて、秘密結社が宝を見つけることを防いた英雄の一人とされていました。
秘密結社が宝を見つけていれば、資金を得、ソ連と通じた秘密結社が勝ち、南北戦争の結果は逆転していたかも知れないのです。
それが秘密結社の一員だなんてとんでもない。
先祖の汚名を晴らすため、ベンは宝探しに乗り出します。

っていうか・・・どうして宝が実在したら汚名を晴らせるの?
たとえ宝があったところで、秘密結社の一員だ!と言われちゃえばそこまでの気がするんだけど。
ほら、暗号を解く前にベンの先祖が死んでしまったから結局見つからなかっただけって言われてしまえば、たとえ宝が見つかっても汚名は残ると思うのよね。

アビゲイル(ダイアン・クルーガー)の協力を得て、日記から暗号を見つけたベン。
パトリックの記憶から暗号を解く手がかりを発見し、見事暗号を解きます。
自由の女神に秘密がある。
彼の言う自由の女神は、フランスにあるものに違いないと当たりをつけて、ライリー(ジャスティン・バーサ)と一緒にフランスへ。
ラジコンのヘリコプターにカメラをつけて、女神の持っているトーチに書かれた文章を写真に撮ります。

2つの「Resolute Desk」に手がかりがある。
Resolute DeskとはHMS Resolute号の木材から作られたもので、1台はバッキンガム宮殿にあります。
1880年にビクトリア女王からルーズベルト大統領に送られており、もう1台はホワイトハウスにあります。

ところで、一体誰がこの仕掛けをしたんでしょうね?
またFreemasonか?自由の女神に仕掛けをした人はメンバーっぽいし。
それにしても、どうして歴史的遺産としてさっさと公表しなかったのかしら。

パリからロンドンに飛び、バッキンガム宮殿に忍び込んでResolute Deskからネイティブ・アメリカンの文字が刻まれた木版を発見し、盗み出します。
それを解読するために、ベンはパトリックと一緒に母であるエミリー(ヘレン・ミレン)の元を訪ねます。
だがしかし、メッセージは完璧ではないことが判明。
もう1台のResolute Destに秘密が隠されている筈。

もう1台のResolute Deskって・・・ホワイトハウス!?
バッキンガム宮殿にはさらっと行ったベンとライリーだけど、ホワイトハウスは想像しただけでぐったり。
おいおい、君たちイギリスをバカにしてるね!?

アビゲイルのボーイフレンドがホワイトハウスの関係者だったのをいいことに、Resolute Deskまで連れて行ってもらうんだけど、これまたありえなさすぎる(苦笑)。
でも、目的の木版は既に取り除かれていて、そこには鷹と巻物のスタンプが残されていました。
鷹と巻物は、大統領の秘密文書のシンボル。
実在さえ危ぶまれるその本を探しに、ベンは大統領に会いに行きます。

大統領の誕生日パーティーの会場を自分達の思い通りにMount Vernonを予約させるため、他の目ぼしいホテルや会場を全部予約してしまうベン達。
ベンはそのパーティーに忍び込んで、大統領に会いに行きます。
誕生日パーティーの会場なんて、一年も前から決まってたりしないわけ?と思うだろうけど、そこはそれ、いちゃもんつけてキャンセルさせたわけよ。
全部自分達で予約して、その後キャンセルするわけ?キャンセル料とか大丈夫なわけ?っていう突っ込みはなしでお願いします。

ベンが、「秘密の抜け道があるんです」と大統領に見せた昔のスケッチ。
「探しに行こうか」なんて、都合よく大統領が言うわけないでしょ~!?
でも、映画だから言っちゃうんです。
そして護衛をうまく引き離しで2人っきりに。
秘密文書の場所を教えてもらいます。

でも、「これで君は指名手配犯だ」と大統領は言うんですよ。
「何か正当な理由がないと、この行為を認めることは出来ない」
それはつまり、宝が見つかれば問題なしってことかな???

秘密文書から残り半分の文書を見つけ出し、FBIの手をなんとか潜り抜けて母に暗号を解いてもらい、一向はマウント・ラシュモアへ。
そこで、エミリーを連行したウィルキンソンとかち合います。
エミリーを人質に、ベン達をおどすウィルキンソン。
でも、 ベンのわけの分からない説得により、ウィルキンソンが単品で、銃もなしで一緒に着いて行くことに。

「お前が切実に宝を欲しているのは分かってる」
「FBIが来たら、俺をお前を逮捕するぞ」

そんなことをベンが言ってたけど、かなり意味不明なんだよね~。
切実に宝を欲しているって、歴史に名を残したいだけで?
それだけのために、銃も手下も全部放って、一人だけで一緒に着いて行っちゃうわけ?
銃はなしでも、手下の一人も連れて行けばいいのにさ。
条件丸呑みなんておかしいでしょ!?

それに、FBIがどんな理由でウィルキンソンを逮捕するのさ。
ロンドンで無茶苦茶なカーチェイスをしたけど、それを理由にFBIがウィルキンソンを逮捕するのはなしでしょ?
何か後ろ暗いことがあるにしても、どうして、いつの間にそれをベンが知ってるのさ~!?
ああ、ありえない!

お宝を見つけた後、抜け出す時にウィルキンソンが犠牲になるももありえないし。
脱出する扉は、開けるための仕掛けを誰かがずっとおさえていないといけなかったのよ。
ウィルキンソンは自分が真っ先に抜け出したいから、途中で見つけた剣を使ってアビゲイルを人質にとってベンを脅すのよ。
でも、その仕掛けは一人で動かすにはちょっと重かったので、ベンともう一人で動かしたわけだけど、そのもう一人がウィルキンソンなんだよね!
ライリーとベンにやらせて、自分は真っ先に抜け出せばよかったじゃんよ。
剣まで使っておどしておいて、そのお粗末さは何!?

ウィルキンソンの犠牲の上に無事抜け出した彼ら。
ベン、アビゲイル、ライリーの3人は、FBIに捕まったくせに、何故か大統領のところに連れて行かれます。
まあ、大統領が手を回していたんだろうけど、それだったらベンだけでいいような・・・。

宝が無事見つかったので、大統領は都合よく「抜け道の扉が偶然閉まって2人きりになってしまっただけだよ」と、さらっと誘拐じゃなかったんだよと言うんだけど、その理由で済むんなら、最初からそう言っとけばいいじゃんよ!
だって、FBIが追いかけていたらベンが宝を探し出す前にFBIが掴まえちゃう可能性もあったわけでしょ?
あるか分からない宝のために、セキュリティ上問題のあるベンの行動を見逃すわけにはいかなかったにしても、ちょっとさあ・・・都合よすぎね???
だいたい、ベンが招待客じゃないのはちょっと調べれば分かるし、こっそり入り込んだってだけで十分犯罪だと思うんだけど。

最後にはケンカしていたアビゲイルとベンが仲直り。
でもねえ、それって宝探しのアドレナリンの影響であって、普通の生活に戻ったらまたケンカすると思うよ・・・。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ヘレン・ミレン】についてサーチエンジンで検索してみると

ヘレン・ミレン に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
[続きを読む]

気になるキーワードでブログ検索! | 2008年07月17日(Thu) 20:01


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。