ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wanted (2008)


Trailer


予告編でも言ってたけど、マトリックスみたい。
しょっぱな、長い廊下で助走をつけて、ビルからビルに飛び移るのは、いくら何でもやりすぎじゃないか?
アドレナリンで動体視力があがってどうこうっていうのはいいとして、ジャンプ力とか、そんなにつかないでしょう・・・すごいスピードで走ってます!をアピールするための風の表現も相当イマイチ。
その後こういう無茶なシーンはなかったけど、あれで相当映画が安っぽくなった気がする。
でも、アンジーがジェームズをフェラーリで拾うシーンはカッコイイ。
あれはフェラーリがかっこいいのか?(笑)

おもしろかった~って感じじゃないけど、「よく頑張りました」的な映画。
最後のオチはちょっと予想外だったわ。

 Wanted
 ウォンテッド

題名Wantedウォンテッド
監督Timur Bekmambetovティムール・ベクマンベトフ
出演James McAvoy
Morgan Freeman
Angelina Jolie
Thomas Kretschmann
ジェームズ・マカヴォイ
アンジェリーナ・ジョリー
モーガン・フリーマン
トーマス・クレッチマン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

秘密の暗殺組織の暗殺者が、ビルの頂上で殺されます。
その後、ストレスフルな毎日を送るウェズリー(ジェームズ・マカヴォイ)の生活に変化が。
ストレスを感じると全てがスローモーションになり、それによって更にストレスが増す彼は安定剤のお世話になっています。
彼女は親友と浮気してるし、自分の上司はイヤな女で自分を目の敵にしてるしで、いいことなし。
なくなった安定剤の補充をしに薬局へ行った所で、フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)がウェズリーに近づいてきます。

「ビルの頂上でお父さんが殺された」

彼女の言うことを信じたわけではないけれど、彼らを狙って男性が発砲して来るのは事実。
2人で逃げ出して組織の基地へ。
一度は仲間になんかならない!と基地を後にするウェズリーですが、結局現実の自分の生活に嫌気が差して戻ってきます。
そしてそこから暗殺者になるための過酷な訓練が。

訓練を終え、暗殺者になったウェズリーに下った指令は、父の敵ではなく、全く知らない男性を殺すこと。
私怨のない人間を殺すことに躊躇いを覚え、殺害に失敗します。
そこでフォックスがこう言うのです。

「1人殺して1000人助ける。私達はそれを信じているし、だから実行している」

フォックスのお父さんを殺した犯人は、暗殺指令が下った人間だったこと。
組織の人間が暗殺に失敗しなければ、父親は死なずに済んだことも聞かされます。
そして心を入れ替えて暗殺活動に専念するウェズリー。

しかし、偶然出会った父の敵であるクロス(トーマス・クレッチマン)を追いかけ、廃屋に迷い込んだところで、後ろから追いついてきた仲間を撃って殺してしまいます。
仲間を殺した罪の意識から、もう組織にはいられないとボス(モーガン・フリーマン)に告げ、クロスを殺すために基地を去るウェズリー。
その直後、ボスはフォックスに次のターゲットとしてウェズリーを与えます。

ウェズリーはクロスを殺すことが出来たものの、死ぬ直前に「彼らがお前に言ったことは全部ウソだ。お前は俺の息子なんだ」と言われてびっくり。
フォックスに事実を確認して、あっさり認められてしまいます。
クロスが唯一殺さないのがウェズリーだった、そして組織はクロスを殺したかった。
だからウェズリーが選ばれた。

フォックスに殺された(と言っても撃たれたわけではなく、落とされたので生きている)ウェズリーは、クロスの仲間であるおじいちゃんに連れられて、気がついたらクロスの家に来ていました。
クロスの部屋はウェズリーの部屋が見える位置で、ウェズリーの写真が沢山飾られていました。
クロスはウェズリーを殺そうと狙っていたわけではなく、彼らから引き離そうと努力していたこと。
実際、この状況にならなければウェズリーは自分を信じないだろうと分かっていたことを聞かされます。
そして分かった事実とは。

ボスは、神様からの指令だと言っていたけれど、実際は彼の私利私欲のために暗殺者を作り上げていて、それに気付いたクロスが邪魔になったのです。
ボスがあやつた指令ではなく、本当の指令ではボスの名前が織り込まれていたのです。

クロスが残したメモを元に、組織の壊滅を目指すウェズリー。
ボスを追い詰めたところで、彼は事実を認めます。
が、暗殺者全員に対して、「お前達を殺す指令が出ていた所、殺さずに助けてやったのは私だ。まず自分達の頭に銃口を突きつけろ。そうでなければウェズリーを殺して、今までどおり仲良くやっていこうじゃないか」と言うのです。
暗殺者達はさすがに自分の命は惜しいので、今まで自分が信じていたものが全て壊れても、ウェズリーを殺す方を選びました。
唯一人、フォックスを除いて。

フォックスは自分の隣の人間を狙って発砲し、彼女の撃った弾はそのままカーブして円形の部屋に円形に並んでいた暗殺者全員を殺害します。
そして、最後に自分もその弾にゆだねるのでした。
この一環したとこがカッコイイよなあ、フォックス。
アンジー、年取ったな~って思ったけど、こういう役が似合ってるよね。

ボスだけ取り逃したものの、その後きっちり始末をつけて映画は終了。
それで、ウェズリーはその後どういう人生を歩むんでしょうね???

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。