ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Beautiful Mind (2001)

ビューティフル・マインドビューティフル・マインド
(2007/10/12)
ラッセル・クロウ

商品詳細を見る


2001年、4つのアカデミー賞に輝いた感動作。

一体どうなっちゃうの!?この人!
最初の方はスローテンポだったけど、その後の展開が気になりました。
その後も、決して展開は速くならずにかなりスロー。
でも、中盤以降はいろんな意味でスリルがありました。

 A Beautiful Mind

題名A Beautiful Mindビューティフル・マインド
監督Ron Howard
Todd Hallowell
ロン・ハワード
トッド・ハロウェル
出演Russell Crowe
Ed Harris
Jennifer Connelly
Paul Bettany
ラッセル・クロウ
エド・ハリス
ジェニファー・コネリー
ポール・ベタニー


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

数学の天才で、奨学金をもらってジョン・ナッシュ(ラッセル・クロウ)。
ルームメイトのチャーリー(ポール・ベタニー)は、天才と変人は紙一重な感じの彼の、よき理解者となります。
大学時代、苦しみながらも画期的な論文を発表した彼は教授の推薦をもらい、見事に希望するウィーラー研究所へ就職しました。

時は冷戦まっさかりで、ジョンは軍に呼ばれ、ソ連からの暗号を解くお手伝いをします。
でも、それ以上は踏み込ませてくれない軍の対応にちょっと不満気な様子。
その直後、パーチャー(エド・ハリス)と名乗る男が現れ、彼に軍の最高機密である暗号読解を依頼するのです。
ソ連が極秘に暗号を載せていると思われる各種雑誌をチェックし、その暗号を解くこと。
その作業により、ソ連がアメリカで核爆弾を爆発させようとしている計画を暴き、合衆国民を救うことが出来るのです。

パーチャーに出会って以降、雑誌を見ては暗号を解くジョン。
解読したメッセージは封筒に入れ、パーチャーら、組織が使っているビルの郵便受けに直接入れに行くのです。

暗号解読の極秘業務を依頼されるのと同時に、ジョンの前にステキな女性が現れます。
彼女の名前はアリシア(ジェニファー・コネリー)。
アリシアは彼に急接近し、巧みに誘うのです。

機密に携わった直後だし、もしかして彼女はソ連の回し者では!?と、見ていてちょっとハラハラする。
だって、結婚までしちゃうしさ!
裏切られるんじゃないの!?

人を緊張させながらも話は進み、いつまでも彼女は裏切らない。
ああ、大丈夫だったんだ~赤ちゃんも出来たしね~。
よかったよかった、と思っているところへ、敵の襲撃が!
パーチャーがジョンを守るものの、銃撃戦と殺人を目の当たりにしたジョンは、手を引く決心をします。
パーチャーにそう告げると、抜けるのならジョンの名前をソ連にばらす、君が我々の仕事をやめるなら、我々も君を守るのをやめる、と言って去っていくのです。

とてつもない不安をかかえながらも、数学の公演に向かうジョン。
公演の直前にチャーリーとその姪に出会い、助けを求めようとします。
が、公演中、彼は謎の人物達に捕まってしまうのです。

彼が連れて行かれたのは病院。
ジョンはもちろんそこが病院だとは信じないんですが、ジョンを捕まえた医師は驚くべき事実を彼に伝えます。

「ジョン、君は分裂病なんだよ」

分裂病は幻覚を見せる。
そして患者は、幻覚と現実の区別がつかない。

病名を伝えられたアリシアは、ジョンに会った後彼のオフィスを訪ねます。
壁一面に雑誌に切抜きが張られている異様なオフィスを見た後、彼女はナッシュが解読した暗号を運んでいたビルまで行って、郵便受けを確認するのです。

次の面会時、ジョンに空けられずにたまっていた封筒を見せるアリシア。
最高機密と思われた暗号読解は、全て幻覚だったのです。
そして、あろうことか大学時代からの親友であるチャーリーまで!
チャーリーも、その姪も幻覚だったのです!!!

その後ジョンの闘病生活が始まり、症状が落ち着いて退院。
アリシアは既に出産しており、小さな息子と3人で暮らします。
薬を飲んでいるジョンの頭はぼうっとしていて、全く働かない。
幻覚は去ったけれど、これでは数学が、自分の存在理由がなくなってしまう。
そんなぼんやりとした生活を送る中、ジョンはベッドの中でアリシアを拒むのです。
そんな自分を変えるため、かわいそうなアリシアに応えるため、ジョンはこっそり薬を飲むのをやめてしまいます。

そして暫くたつと、パーチャーがジョンを訪ねてきたのです!!
「幻覚だと?俺が幻覚のわけがないだろう!」
そして再び暗号の解読を始めるジョン。
でも、これは薬をやめたために復活した幻覚症状だったのです。

アリシアがそれに気付き、精神科の先生に連絡しますが、入院は免れます。
ジョンが、入院したらもう退院出来ないので、幻覚と折り合いをつけながらなんとか生活して行きたいと望んだからです。
そして、アリシアもそれに応えるのです。

数年して、ジョンは大学時代のライバルであり、今は大学の学部長(だったかな?)になっているハンセン(Josh Lucas)を訪ねます。
そして図書館という場を借りることに成功し、そこで幽霊のように数学に取り組むのです。
何年も過ぎ、彼に話しかけてきた学生とうまくコミュニケーションすることが出来、ジョンは教壇に立ち始めます。
学生に教える穏かな日々を過ごすジョンに、ノーベル賞のオファーが。
そして授賞式で、限りない愛と感謝を、名前は言わなかったもののアリシアにささげたのです。


い~い話でしょう!?
実話だと知らなかった私は、見終わった後にジョン・ナッシュについて調べたね。
そして映画の感動が吹き飛んだよ・・・。

ジョン、アリシアと結婚する前に付き合っていた人との間に、子供がいるのよ。
子供がいるけど、結婚しなかったの。

映画ではずっとアメリカにいたことになってるけど、実は分裂病の診断を受けた後、暫くヨーロッパとかを放浪していたらしい。

アメリカに帰ってきてからは、何と、男と浮気をして、アリシアと離婚したんですって!!!
その後妻としてではなく、人間として彼の闘病生活を支えるために同居してますけど。
そしてもっと後には再婚してますけど。
ジョン、アリシアに何てひどいことを!!

っていうか、映画と全然違うじゃんよ!!!
あまりに違うので、批判も多いそうです。
そりゃそうだよなあ・・・なんか、映画は感動物だけど、実際のジョンにはがっかりしたよ・・・。

スポンサーサイト

Hellboy (2004)

ヘルボーイヘルボーイ
(2008/07/23)
ルパート・エヴァンスセルマ・ブレア

商品詳細を見る


テレビでよくやってるんだけど、2の公開に備えてDVDを借りてちゃんと見てみました。
おもしろかった~。
やっぱりアクション系は安心して見れるね~。
そして、ちょっとクセのある、この主人公がいいのよね!

ヘルボーイを演じているのは1950年生まれのRon Perlman。
2003年に作られた1でも、この人既に53歳ですよ!
そして2007年には作られたであろう2では、57歳!?
すごいなあ。
でも、このおっさん結構好き♪
といっても、他の映画はあんまり見てませんが。

【Ron Perlmanについて】
IMDbのデータを見たい方は → コチラ
Wikiで見たい方は → コチラ

水陸両用生物のAbeちゃんは、もしかして!?と思ったら、やっぱりDoug Jonesが演ってました~。
この方、ファンタスティック・フォー:銀河の危機で全身銀色の役をやってたし、パンズ・ラビリンスではお手手に目がある化け物の役でした。
こんなのばっかりで、とっても楽しいわ~。

【Doug Jonesについて】
IMDbのデータを見たい方は → コチラ
何と!Doug Jonesのオフィシャルサイトもあります! → コチラ

 Hellboy

題名Hellboyヘルボーイ
監督Guillermo del Toroギレルモ・デル・トロ
出演Ron Perlman
Selma Blair
Doug Jones
Rupert Evans
ロン・パールマン
セルマ・ブレア
ダグ・ジョーンズ
ルパート・エヴァンス


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

ナチスが悪魔を呼び出すシーンから始まります。
あちらとこちらの通路を開けられてしまい、それを常現象学者ブルーム(John Hurt)率いる米軍が邪魔を入れて閉じるのですが、開いている時間が長かったため、赤い赤ん坊がこちら側に来てしまっていたのです。
それがヘルボーイ。
この子は、ブルームが引き取って育てます。

それから60年経ち、大きくなったヘルボーイはアメリカ政府の極秘機関の一員としてモンスター退治を請け負っているのです。
ヘルボーイの愛嬌あふれるキャラクターもステキだけど、モンスター仲間のエイブちゃんはとってもキュートです♪
ここに、FBIから来たへなちょこのジョン(ルパート・エヴァンス)が参加して、話が始まります。

ヘルボーイには怪物退治仲間(もちろん人間)がいるんだけど、ブルームがガンを患っており、自分の死後、息子(ヘルボーイのこと)がどうなるか心配して、ジョンにヘルボーイのヘルプを依頼したのです。
そして怪物退治が始まるんだけど、この辺はあらすじも何もないのではしょります。
でも、金属仮面の機械人間みたいなやつは、意外とあっさり死んじゃった感じ。
最後の大物も、意外とあっさり死んじゃった。
殺したら増える、もっとも活躍したモンスターは、役立たず(笑)なヘルボーイではなく、炎のカルマを持ったリズ(セルマ・ブレア)にやられてました。

ヘルボーイ、本当は一緒に秘密基地に住んでいた人間の女の子リズがダイスキなんだけど、ジョンをリズがちょっといい感じになったりすると、ものすっごいやきもちを焼くのだ。
その様子がまたかわいいんだよね~。
本当に愛嬌のあるキャラクターだよ。
DVD買ってもいいな~って思っちゃった。

Lions for Lambs (2007)


Lions For LambsTheatrical Trailer


台詞で見せる映画を、英語で見ちゃいけないね・・・。
ひっじょ~につまらなかったです。
あまりのつまらなさに、日本語でも見たいとは思わなかった。
けど、最初から日本語で見ていればいろいろ考えたのかも?

シーンが3つに分かれています。

政治家と記者の対話。
大学教授と学生の対話。
大学教授の元教え子で、米軍に入隊した2人の男性。

ストーリー的にこれらの関連が・・・どうなの?
もうちょっと密に交わってくればおもしろいんだろうけどなあ。
主義主張が全面に出て、「見てる人を楽しませる」ことは考えていない映画でした。
マイケル・ムーアみたいに意外な事実を暴露するものではないし、社会を風刺しているわけでもないし。
映画として出すのはちょっと・・・って気がします。
でも、ロバート・レッドフォードの立場的に、これ以外の手段を考えられなかったんだろうね。

 Lions for Lambs
 大いなる陰謀

題名Lions for Lambs大いなる陰謀
監督Robert Redfordロバート・レッドフォード
出演Robert Redford
Tom Cruise
Meryl Streep
ロバート・レッドフォード
トム・クルーズ
メリル・ストリープ


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

思わず寝そうになりました。
基本的に会話で成り立っているので、ストーリーはありません。
唯一気になったのは、教授の元教え子で、アフガニスタンでの作戦に携わっている2人がどうなるか。
予想はしてたけど、やっぱり死んじゃった

教授と話していた学生、最後はどういう決断をしたのかしらね。
まさか、軍に入るのか~?って感じもするけど・・・それじゃあどうにもならないよねえ。
っていうか、基本的に「優秀だけど無気力な学生」ってのは、ちょっとした説教くらいじゃ変わらないと思うわ。
感銘を受けて、何かを考えているように見えるっていう終わり方は映画って感じでしたね。

P.S. I Love You (2007)


PS I Love You - Trailer


予告編から、ちょっとしたコメディーかと思ったんだけど、予想は裏切られた・・・。
旦那様を亡くした女性の話なのに、コメディのわけがないんだけどさ。
涙が出ちゃったよ。
でも、母と娘が理解しあう様はちょっと意味不明だった・・・。
う~ん、お母ちゃん~?って感じで。

自分が実現できなかった幸せと、自分から逃げていった幸せを手に入れる友人達を前に複雑な気分になりつつ、自分のやりたいことを見つけていく様はたくましい。
でもさ、その学校に通うお金はどこから出てきたわけ!?
旦那様の保険金とか降りたのかしら・・・なんて、そんなことを考えてはいけないよね。

 P.S. I Love You

題名P.S. I Love YouP.S. アイラヴユー
監督Richard LaGraveneseリチャード・ラグラヴェネーズ
出演Hilary Swank
Gerard Butler
Lisa Kudrow
ヒラリー・スワンク
ジェラルド・バトラー
リサ・クドロー


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

しょっぱなのシーンは印象的です。
完全に切れまくってケンカしてるのに、一瞬で仲直りか~?
そしてその直後、もう旦那の葬式なのだ。

旦那の死に方とか、お母さんとお父さんの話とか、細かい説明は一切なしで、ホーリー(ヒラリー・スワンク)に焦点を当ててるのはとても潔い作り方で好感が持てました。

旦那の死後、ホーリーの誕生日を境に彼から届く手紙。
届く度に、何か行動を起こす彼女。
それを「病的だ」としかる母親。

ホーリーは母親を振り切って、旦那がプレゼントしてくれたアイルランドへの旅行に出かけます。
母親の店で働くダニエル(Harry Connick Jr.)と微妙な関係にあったものの、ここである男性とベットを共にしてしまいます。
実はこの男性は旦那の古い友達だったんだけどね。
このままくっつくのかな~と思っていたら、話は平然とアメリカに戻ってしまった。
そして、今度はダニエルとくっつくのかな~?と思ったらそうでもなく。

「靴」をキーワードに自立するのでした。
靴のデザインを始めたのも唐突なら、靴を作る学校に通い始めたのも唐突。
あのさ、生活費は?
学費は?
どっから出てるのさ!!!
見事靴屋をオープンするのは映画だからいいとしても・・・始まりでさんざん金銭的な現実をたたきつけておいて、この有様はちょっとアンバランスだったな~。

でも、なんか見終わってほこっとしました。
悲しいけど、こんなんもありかなって。
旦那の手紙を届けていたのが、実は旦那と仲の悪かった母親だったってとこが一番じんときた。

Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull (2008)


Indiana Jones And The Kingdom Of The Crystal Skull - Teaser


昔に戻った感じで、単純におもしろい娯楽映画でした。
宝探しとしてはナショナル・トレジャーの方がおもしろいけど、気の抜けた間抜けなおもしろさと、観客を楽しませよう!っていう気合はこちらの方が上ですね。
ファミリー向けな感じが、ほのぼのしてていいです。

宝探しのオチがそれ!?っていうのはちょっと。
まあ、映画だしね。
そこまで話を広げた以上、そう終わるしかないか。

 Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull
 インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

題名Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skullインディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
監督Steven Spielbergスティーヴン・スピルバーグ
出演Harrison Ford
Shia LaBeouf
Cate Blanchett
Karen Allen
ハリソン・フォード
シャイア・ラブーフ
ケイト・ブランシェット
カレン・アレン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

舞台は今から50年ほど昔。
まだソ連がソ連だった頃。
その時点でもう解雇主義的ななつかしさ満載の映像だよね。

無常に発砲しながら米軍基地に乗り込んだのは何者?
と思ったらソ連でした。
そしてトラックから縛られたインディーが出てくるのさ。
ものすごくレトロな服装のイリーナ(ケイト・ブランシェット)はなんかイマイチ。
冷酷っぽくしてるけど、そこはかとなく間抜けなんだよねえ。

形勢逆転!と思ったらお仲間に裏切られてしまうし、しょっぱなから危機感満載だなあ。
車乗り損ねちゃうとこはかなりかわいいかったです。
でも、それじゃ絶対逃げられないでしょ・・・って感じでした。
っていうか、何に乗っかったか知らないけど、死ぬんじゃない!?それ!

逃げ出した後、近くの町に行ったらすべてプラスチック。
何かと思ったら核実験の現場でした。
ああ、だからしょっぱな米軍基地で「何人たりとも立ち入り禁止」って言われたのね・・・。
核実験、インディーは冷蔵庫に入って助かってたね。
冷蔵庫は燃えずに吹き飛ばされたので助かったわけだけど、しょっと無理やりすぎないかな~???
その後軍だかFBIだかに拾われて、洗われてるとこがまた間抜けでした。

学校に戻って熱弁をふるっているところで、クビの勧告が。
傷心のまま町を去ろうとしたら、大きなバイクに乗った少年に引き止められました。
これがマット(シャイア・ラブーフ)。
シャイア、トランスフォーマーの時は情けな~い役だったけど、今回はえらいワイルドね。

マットが取り出した手紙をめぐって、またしても追いかけっこが。
問答無用で銃を持って追いかけてきたけど、KGBかな?FBIかな?
コミカルでおもしろいんだけど、迫力がイマイチ。
図書館でのシーンはおもしろさを狙うあまり、ちょっと外してる感が・・・。

そして舞台はペルーへ。
インディーとマットはクリスタルの骸骨を見つけるため、墓場に忍び込みます。
ここで怪しい影が!
亡霊?かな???
いや、でも古代民族っぽい実態だったような・・・。
どこから出てきたんでしょうね?彼らは。

骸骨を見つけたところでイリーナ一味に捕まってしまうインディとマット。
そしてマリオン(カレン・アレン)とオキシ(John Hurt)に再会。
マットが無茶をしたので4人とも逃げ出したものの、流砂もどきにはまってしまうインディとマリオン。
マットは縄を探しに、オキシは助けを求めてその場を離れます。
そして戻ってきたマットの手には巨大な蛇が・・・いやいや、いくら何でもさあ、蛇ちゃんがおとなしく大人1人分の体重を支えているとは思えないのよ。
無理やりすぎないか~?

オキシは助け、つまり人間達を連れてきたんだけど、付近にはイリーナ達しかいないわけで。
まんまと捕まってしまうわけです。
この後ジャングルを車で移動する時に、マット大活躍。
唐突に剣を持って、イリーナとやりあうのだ。
いくら普段からナイフを持ってて取り扱いに慣れているとはいえ、剣は使えないと思うけどね、なんてしっこんではいけない。
しまいには蔓に絡まってインディ達と離れてしまい、唐突にお猿と仲良くなってターザンのごとく蔓から蔓へと飛び移ってインディ達に追いつくんだけど、そこもあえて突っ込んではいけない。
娯楽映画ですからね、これ。

しょっぱな、インディを裏切った人物と一緒に水陸両用車で川に落ちるインディ達。
3回ほど滝を落ちるわけですが・・・いやあ、絶対死んでるでしょ。
2個目まではともかく、3個目は確実死んでるって。

クリスタルの骸骨を戻すべく、遺跡に踏み込みます。
ここでナゾの古代人が出現するんだけど、彼らは本当に何なんでしょうね~?
追いかけてきたイリーナ一味が皆殺しにしてたから、幽霊じゃなくて実体なんだよねえ。
不思議だけど、イマイチ盛り上がりにかける。

骸骨を戻す場面ではイリーナに追いつかれてしまうんだけど、これ、裏切りもののせいです。
どうして最初にあんなに手ひどく裏切られたのに、いつまでも一緒にいるのさ!!!
おかしいでしょ!

最後には骸骨達が引き金となって、巨大な宇宙船が登場。
これが飛び立って、遺跡は全部壊れて、イリーナ一味はこれに飲み込まれて終了です。
そして最後の最後でインディとマリオンの結婚式。
ちゃんちゃん。

ちなみに、話半ばでばれたけど、マットはインディの息子ちゃん。
息子だと分かったとたん、どうして学校を卒業させないんだ~!!!と言うインディの様子はおもしろいけど、息子だろうな~って分かってたけど、もうちょっとばらしようがあるだろうに。
いいネタなのに、ちょっと扱いがぞんざいだったような。

13階段 (2003)

13階段13階段
(2005/07/06)
反町隆史

商品詳細を見る


 13階段

小説を読んでとってもおもしろかったので、映画も見てみました。
やっぱり・・・イマイチですね~(苦笑)
抑えた演技が渋いんだけど、声が小さすぎて聞き取りにくいので、音声さんがもうちょっとボリュームをあげてくれればよかったのになぁ。

テーマがテーマだけに、全体的に重暗い雰囲気。
でも、小説と違う部分がかなりあったので、余計なドキドキ感がありました。

小説では、山崎努演じる南郷正二に娘は出てこなかったと思うんだよね。
離婚届のくだりもなかったような・・・。
いや、そんなことより、「娘が結婚するのに、最後にはこの人殺人を犯しちゃうんだよ!?娘の結婚は取りやめですか!?それは不憫すぎる~~~」と、余計な心配をしてしまったのですよ・・・。

小説の通りに終わってしまったら、きっと見ている人が納得しないんでしょうね。
見終わって気分の悪い映画にするわけにもいかないし。
そんなわけで、映画らしい、都合のいい結末になってました。

私は小説を読んでたから物足りなかったし、説明が足りないんじゃないの?って思ったけど、映画だけ見た人はどうなんでしょう。
ちゃんと分かるように出来てたのかなあ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。