ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

August Rush (2007)


August Rush - Theatrical Trailer


相当無理やりなストーリー展開で、現実味は一切排除。
最初は感動物だな~絶対泣くな~って思ってたけど、見てみたら全然だった。
ありえない展開につっこみを入れるのに忙しかったわ。

フレディ君が出てるから見たんだけど、あんまりかわいくなかった・・・。
音楽の天才役の彼、台詞が少なくてちょっと常識がないって部分が、どうしてもこないだ見た「パフューム -ある人殺しの物語-」に被るのよ~。
ち、ちょっと気持ち悪いよフレディ君

ロビン・ウィリアムズは「ウィザード」っていう魅力的な名前で出てくるのに、キャラクターは全然書き込まれずに単なる悪役になっちゃってた。
も、もったいない~!!!
折角ロビンを使ったんだから、もっと個性的な、悪役の中にも心のある描写にすればよかったのに!

音楽にかなり焦点を置いているので、それ以外の部分は相当適当でしたね。
でも、子供が見れば楽しいのかな~?
フレディ君は12歳って言う設定だし。
それ位の子供が見れば、孤児院から抜け出して、不思議なウィザードに出会って、音楽院に入ったとたんコンサートだんなんてワクワクするのかも???
なんて考えて、ちょっと自分を納得させたよ。

日本では6月21日に公開予定です。

 August Rush
 奇跡のシンフォニー

題名August Rush奇跡のシンフォニー
監督Kirsten Sheridanカーステン・シェリダン
出演Freddie Highmore
Robin Williams
Keri Russell
フレディ・ハイモア
ロビン・ウィリアムズ
ケリー・ラッセル


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)。
音楽が「聞こえる」というエヴァンだけど、他の子供達には何も聞こえないので「フリーク」呼ばわりされるいじめられっこ。
ニューヨークの職員に来た時に名詞をもらい、それを手に孤児院を出ます。

トラックの運転手に、ここで待ってるんだよ。彼が(名詞をくれた人)が迎えに来るからね。
って言われたのに、初めて出る(であろう)街中で、音の氾濫に我を忘れて歩き回るエヴァン。
相当挙動不審になったあげく、もらった名刺をなくしてしまいます。
既に元いた場所は分からず、ちょっと困った状態に。

道端でギターの引き語りをしていた男の子について行くと、そこはウィザード(ロビン・ウィリアムズ)が子供を束ねている怪しい音楽学校もどき。
古い劇場に勝手に住み着いて、適当に生活している彼ら。
ウィザードはエヴァンの才能に目を付けて、彼を路上でパフォーマンスさせ、店と契約してお金をもうけます。

劇場に警察の手入れが入った時、エヴァンはウィザードとはぐれ、歌が聞こえてきた教会に入り込みます。
ここでもまた音楽の才能を披露し、そのあまりの凄まじさに、神父さんがジュリアード音楽院に連れて行きます。
オーガスト・ラッシュという偽名を使っているのに、しかも12歳なのに、すぐにジュリアードに入学したエヴァン(ありえなさ大爆発)。
しまいには彼の作った狂想曲をコンサートで演奏することに。
しかも彼の指揮で!!!

そこにウィザードが乗り込んできて、「私は彼の父親だ」と言ってエヴァンを連れ去ります。
大事な金ずるですからね~手放せませんよ。
もうね、かなりの悪役具合ですから。
結局エヴァンはウィザードから逃げ出してコンサートには間に合い、ちゃんと両親と会えましたってお話。

両親の方もまたありえない展開なんだけど、まず最初は一夜の恋。
それで妊娠したので、お父ちゃんは息子がいることは知らないわけよ。
運命の人だと思った彼女とは会えず、そのまま音楽に対する情熱を失ってサン・フランシスコで普通に就職するお父ちゃん。
でも10年以上も彼女のことを引きずって、久しぶりに昔のバンド仲間と会った時、今の彼女に振られます。
そこで仕事をやめて、唐突に調べ上げて彼女のいるシカゴへ飛ぶお父ちゃん。
どうしたことか、電話番号も住所も調べ上げてるのよ、怖いよねえ。
ずっと留守電なので家の前で待ってたら、近所の人に「最近見ないねえ、新婚旅行に行ってるから」と言われてがっかり。
実際新婚旅行に行ってたのは彼女の同居相手なんだけど、そんなことを知らないお父ちゃんはサン・フランシスコに戻ろうとしますが、何を思ったか唐突に彼女と出会った町、ニューヨークへ。
そこでバンド活動を再開します。

一方お母ちゃんはジュリアード音楽院を卒業した天才的チェリスト。
この人だ!と思った彼とは、お父さんに引き離されます。
妊娠していた彼女をひどくなじるお父さんに耐え切れなくなり、飛び出したところで自動車にはねられて病院へ。
「子供は死んだよ」と言われて、お母ちゃんはチェロを弾かなくなってしまいました。
お父さん、子育て間違えたね・・・典型的なエリートパパで、自分の幸せが子供の幸せってタイプだ。
お父さんと決別した彼女は、楽器を弾かない音楽教師としてシカゴで生活し始めます。
それから10年以上たって、病院から「お父さんが重症です」という電話が。
一応家族ですから行ったわけですが、そこで実は子供は生きていることを打ち明けられました。

必死で子供を探すお母ちゃん。
事故があったニューヨークに行くものの、子供の名前すら知らないので門前払い。
そこで、偶然エヴァンに名詞を渡した彼に出会い、事情を説明し、誕生日だけ告げ、エヴァンを探し出します。
と言っても顔写真と名前だけですけどね。

孤児院を出てニューヨークに来たものの、その後行方不明と聞いて、子供が見つかるまでニューヨークに住む決心をするお母ちゃん。
あのさ、お父さん、具合悪いんじゃなかったっけ?
そっちはいいの?
ちなみに、その後お父さんは一切出てこないので、生死は定かではありません・・・。

息子が生きていると知って、唐突に音楽への情熱を取り戻すお母ちゃんは、チェロを弾き始めます。
そして古巣のジュリアードが招待してくれたので、コンサートに出ることに。
そのコンサートの一番最後の曲がエヴァンの曲でした。

演奏中のお母ちゃんは気もソゾロと言った様子で、余所見してばかり。
それでいい演奏は出来ないぞ~!!!
っていうか、10年以上もチェロに触ってなくて、数ヶ月練習しただけでいきなり弾けないぞ~!!!
自分の番が終わって、楽屋裏ではなく何故か公園を徘徊するお母ちゃん(これもかなりおかしい)。
エヴァン作曲の狂想曲を聞き、これは!って感じで舞台に戻っていきます。
その頃、空港に向かっていたお父ちゃんのバンド様ご一行が、コンサートの開かれているセントラルパークの横を通り、お父ちゃんは電柱にかかっている広告から彼女の名前を見つけます。
車を降りて舞台へ急ぐお父ちゃん。
その頃には既にエヴァンの狂想曲が演奏中だったので、舞台近くで偶然(!)お母ちゃんを見つけ出すのです。

あのさ、新婚旅行に行ったって聞いたよね?アナタ。
それなのに横に立って手なんかつないじゃって、浮気しろって言ってるわけ~!?
いや、実際結婚してないから結果オーライだけど、どういうつもりだろう・・・。
それに対するお母ちゃんの反応もありえない。
ええ!?っていう驚きがゼロ。
いや、その反応はないでしょ、何普通に手つないで笑っちゃってるのさ。

演奏が終わって客席に挨拶するエヴァン。
両親に気付いたのか、極上の笑顔で映画は終わります。
・・・ねえねえ、両親の顔、知らないよね!?
絶対分からないよね!!!
しかも、お父ちゃんは子供がいるって知らないしね!!!
本当に突っ込みどころ満載でした。

スポンサーサイト

Good Luck Chuck (2007)


Good Luck Chuck - Trailer


イマイチだったな~。
もうちょっと設定を生かした脚本にしれくれればいいのに。
な~んかね、中途半端でした。

ジェシカ・アルバが「恋をする気になれない」理由は明かされないままだし、彼女のトラブル具合も途中で引っ込むしさ。
最後にまたちょっと復活するけど、「あ、忘れてた!」みたいな感じでこれまたイマイチでした。

製作陣がかなり力を入れた様子の「乳房が3つある女性」のCGは、かなりうまく出来てたよ。
本当にああいう人を探し出したのかと思っちゃったよ。
そう思わせるためにも頑張ったらしいので、それだけはすごかったな。

日本では5月17日から公開だけど、この題名は・・・どうなのかねえ。
だって、恋をしたキャムからの視線じゃなくて、アゲメンのチャーリーからの視線で描かれた映画なんだもの。
完全に逆じゃんねえ・・・。

 Good Luck Chuck
 噂のアゲメンに恋をした!

題名Good Luck Chuck噂のアゲメンに恋をした!
監督Mark Helfrichマーク・ヘルフリッチ
出演Jessica Alba
Dane Cook
ジェシカ・アルバ
デイン・クック


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

子供の頃、女友達(と言うほど親しくない)に呪いをかけられたチャーリー(デイン・クック)。
そんなのぜ~んぜん気にしてなかったけど、ちゃんと恋愛が出来ない体質。
でも、彼と付き合った女性はどんどん幸せな結婚をして、「彼と寝ると、直に運命の人とめぐり会える」なんてうわさがたって、口コミだけじゃなくインターネットでまで実名写真付きで広がる始末。
おかげでチャーリーは愛のないエッチをしまくりです。

チャーリーにはストゥ(Dan Fogler)という親友がいるんだけど、この2人の会話とかやりとりとかが、どうにも・・・理解不能でねえ。
これがおもしろい!と思える人にはおもしろい映画なんだろうけど、私の感性には合いませんでしたね。

チャーリーは、キャム(ジェシカ・アルバ)を本気で好きになっちゃうんだけど、初エッチの直前にストゥから電話が来て、「あのうわさは本当だから、彼女と別れたくなければエッチするな!」というおあずけ状態に。
その後は仮病を使い、直接会わずに電話とチャットで楽しくお付き合い。
でも、2週間もたてばお互い限界がくるわけですよ。

2週間の間、チャーリーは何もしなかったわけではない。
ストゥと一緒に、絶対に彼氏は出来ないだろうし、結婚なんて夢の夢!というスゴイ女性を相手に、うわさの神秘を確かめる実験をします。
でも、実験とは言え・・・そんな女性とエッチするなんて・・・涙が出ちゃうよ。
この役に選ばれた女性には申し訳ないですが(笑)。

実験はちゃんとしたくせに、その確認があまい2人。
ストゥが彼女にちょっと話しかけて、ストゥが彼女に惚れなかったからウワサはあくまでもウワサで、チャーリーはキャムとエッチしても大丈夫!別れずに済む!と言うんですから。

チャーリーはストゥが「大丈夫だった」というのを信じてキャムの家へ直行し、そのままベッドイン。
でも、ふとつけたテレビで例のスゴイ女性がちゅーをしているではないですか!!
か、彼氏が出来てるじゃん!!!
ストゥのうそつき~!信じた俺が馬鹿だった~!!!

そしてその後はキャムを失うまいと、かなり挙動不審な怪しい男になるチャーリー。
あのさ、それって逆効果だよね・・・それが分からないなんておかしくないかい!?
おかげで結局キャムから別れを告げられてしまうのでした。

そこで思い出したのが、子供の頃にかけられた呪い。
呪いをかけた女の子を捜し出し、家までおしかけて呪いを解いてくれ~とお願いします。
でも、「子供のしたことだし、何も分からなかったから」と言われ、「現実を受け入れて、彼女を自由にしてあげなさい」なんてアドバイスをもらう始末。
それで悲しく家に帰るわけです。

結局最後はちゃんとくっつくんだけど、呪いのオチがおもしろかった。
あのね、本当に呪いをかけてたのよ~!(笑)
最後の最後で、呪いのわら人形からクギを抜いてる姿が笑えた。

Perfume: The Story of a Murderer (2006)


Perfume: The Story Of A Murderer - Perfume: The Story of a Murderer - US Trailer


気持ちも悪い話だなあ・・・公開当時は非常に興味があったけれど、劇場に行かなくて正解です。

主人公の非人間性がとても気持ち悪い。
匂いに敏感という点以外、人間性がほぼ放棄されている。
連続殺人も、決して現実的なものではなく、どうやって殺したかよりも、その後の処理と、村人達の反応に焦点が絞られているので、更に気持ち悪さアップです。

最後のほうはちょっと予想外の展開。
香水にそんな威力が!
でも、それってちょっとひどくない!?的な。
そして、ひどい上に、「天国」に行った心地になった人たちがするのはそういうことなのね~って言う、話題になった100人ヌード(だっけ?)のシーンがちょっとしらけた。

匂いに敏感な主人公、自分には匂いがないって言ってたけど、本当かなあ?
自分の匂いって、自分では分からないものだからね。

ローラ役のレイチェル・ハード=ウッドがかわいかった♪
イギリスはロンドン出身の彼女は、なんとまだ17歳!
今年の8月で18歳になります。
ということは撮影した時は・・・15歳位だったのかな?
その若さでよくほぼ全裸のシーンを引き受けたねえ(まさか吹き替えなんてことは・・・)。
あんまり映画に出ていないし、とにかく役くが欲しかったのかしら、なんて邪推してしまうわ。

 Perfume: The Story of a Murderer
 パフューム -ある人殺しの物語-

市場で生まれたジャン=バティスト(ベン・ウィショー)は、生まれた直後に母親に殺されかけます。
その後この子の周りでは人が死んでばかり。

まずは母親が死刑になります。
その後は孤児院に預けられたものの、異常な嗅覚以外は発育不全。
体は普通に育っているものの、言葉が喋れない。
随分遅れて喋れるようになったけれど、無口で、周りとコミュニケーションが取れない。
というか取ろうとしない。

孤児院から工場に売られます。
孤児院の院長をしていた女性は、ジャンを売った直後に暴漢に殺されます。

この工場で、一体どうやって香水師になるのかなあ?
この映画を見ていて、唯一興味をもって成り行きを見守ったのはここだけだな~。
町の香水師が注文した品を配達して、そしてうまく取り入るのです。
そして香水師が工場長からジャンを買いますが、工場長はもちろんすぐ死んでしまう。
どうやって死んだか忘れちゃったけどさ。

香水師に取り入る前に、実は第一の殺人を犯しています。
工場長に着いて町に出た時に、惹かれる匂いを尾ってある女性にたどり着きます。
感情を理解出来ないジャンは、とにかく匂いがかぎたくて女性に近づくんだけど、何も言わない様子のおかしい男性に好感を持つ女性はいませんからね。
女性は逃げ出したんだけど、ジャンはまんまと追いかけて見つけ出す。
女性の後ろに立って匂いを楽しんでいたけれど、女性がジャンに気付いて悲鳴をあげようとしたところで、人目を忍んだカップルが近くまで来るのです。
さすがに大声をあげられたら困るという頭が働いて、ジャンは女性の口をふさぎます。
そしてそのまま女性が死んでしまうのです。

でもさ、本当に窒息死ならもっと時間がかかるし、もっと暴れると思うのよ。
そういう残酷さはこの映画の焦点ではないので、かなりあっけなく死んでしまうのです。
そして死体を相手に存分に匂いをかぐジャン。
ここね、相当気持ち悪いよ。

さて、香水師の元で香水の勉強をするものの、香りを取り出すのに「蒸留」しか教えてくれない香水師に満足出来なかったジャンは、彼に紹介状を書いてもらって香水の町へ旅に出ます。
ジャンの嗅覚に頼って、過去の栄光を取り戻した香水師は、出て行く前に100個の処方を書くようにジャンに頼みます。
ジャンはそれに答えて1000個もの処方箋を残してくれたので、香水師は満足して寝付いたんですが、橋の上にある、もともとたてつけの悪い家は、その夜崩落して香水師も死んでしまいます。

香水の町に行く途中、自分には体臭がないことに気付くジャン。
ここから彼の異常性はバージョンアップ。
香水の町で第一の殺人を犯しますが、この時はうまく匂いが取れなかった。
そう、彼は人の体臭を抽出する方法を考案するためにここに来たのです。
それにしても、対象が全部女性ってのはどうよ・・・男性の体臭はイマイチなのかね~?
たまにはいるんじゃないの?そういう人もさ。
男性だと絵的に問題があるのと、簡単に殺せないのとで対象にしてないのかしらね。

そんなにステキな体臭のある女性がほいほいいるとは思えないけど、ここでジャンは殺しまくって、匂いを抽出しまくるのです。
この町での第一の殺人、彼にとっては二人目の犠牲者は失敗したけど、三人目からは成功して、どんどん若い女性を殺すジャン。
そう、若い女性なんですよ。
若くて、美人なの。
不細工な人は体臭も悪いって言うの~!?
違うでしょ~!!!
そこもやっぱり絵なんでしょうねえ。

この町の実力者であるジュゼッペ(ダスティン・ホフマン)の一人娘であるローラ(レイチェル・ハード=ウッド)が、ジャンの最後のターゲット。
ニセの犯人が別の町で捕まってお祝いモードの中、ジュゼッペだけは危険を察知して娘を守るためひそかに町を出ます。
だがしかし、異常な嗅覚を持つジャンは、匂いで気付いてしまう。
彼らを追いかけ、とうとうローラを殺します。

ジャンが町を出た後、ジャンの部屋の土から発見された被害者の洋服や髪の毛から、真犯人は彼だったとみんなが気付きます。
ジュゼッペを追いかけていったのは城壁の守人が知っていたので、ジュゼッペを追いかけて警察だか軍隊だかも出動です。

ジャンはどこぞの山の中で、それ、どっから出てきたの!?っていう蒸留器を元にローラの匂いを吸い取った油から、匂いだけを抽出して、それが終わった時に捕まるのでした。

彼への刑罰はもちろん死刑。
死刑台では処刑人が待っていたのに、彼はジャンの作った香水(殺した人の体臭から抽出したエッセンスを混ぜたもの)にやられて、「この人は天使だ!彼は無実だ!」と言い出します。
死刑を見に来た人たちや、刑罰を決めた有力者達までそう言い出す始末。
しまいにはみ~んなで服を脱いで、乱交パーティーですよ。
ちょっと、その展開にはついていけない・・・。

だがしかし、ローラを殺されたジュゼッペだけは正気を保っていた!
ごまかされないぞ!と死刑台の上にいるジャンの元へ勇み寄ったジュゼッペだけど、結局香水に負けて「許してくれ」と言い出す始末。
そりゃないよねえ!?
見てるこっちは納得出来ないわよ!!!

みんなが香水に寄っている間にその場を抜け出したジャン。
でも、結局自分に存在意義を見出せず、究極の香水を使って死んでしまうのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。