ふるの映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Reservations (2007)


No Reservations - Trailer


キャサリン・ゼタ=ジョーンズの新作。
彼女はいつまでも綺麗だねえ、変わらないねえ。
すごいわ・・・。

キャサリンはレストランのシェフ役で、相手役はThank You for Smoking (2006)のアートン・エッカート。
そしてキャサリンの姪っ子役にはLittle Miss Sunshineのアビゲイル・ブレスリン。

内容的にはコメディです。
キャサリンはめっちゃ真剣だし、しょっぱなからキャサリンのお姉ちゃん(かな?)が死んじゃうしでコメディっぽくないけど。
客層は相当高くてイスにはまってる人(座っているのではない)が沢山いたんだけど、そんな様相の隣のおばちゃんとか爆笑だったもん。

最後の最後までなかなかまとまらなくて、オチはそうきたか~って感じ。
予告編にあった生肉をテーブルに運ぶシーンがなかなか出てこなくて、重要シーンっぽいのに、もしかして、まさか、The Invisibleみたいにカットされた!?って心配になっちゃたよ。
結構おもしろかった~。
爆笑っていうよりは、うぷぷって笑いが多かったかな。
もう一度DVDを借りて見よう♪

 No Reservations
 幸せのレシピ

題名No Reservations (2007)幸せのレシピ
監督Scott Hicksスコット・ヒックス
出演Catherine Zeta-Jones
Aaron Eckhart
Abigail Breslin
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
アーロン・エッカート
アビゲイル・ブレスリン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

プライドが人一倍高い孤高の天才シェフキャサリン、姉の死によって生活スタイルが一転。
自分もショックなのに、もっとショックを受けているその子供を引き取って一緒に暮らすことになったから。
最初のころはぜ~んぜん人付き合いが下手で、アビゲイルちゃんにちょっとも触れないキャサリン。
本人どうしたらいいか分からないし、ハグなんてするような性格でも生活でもないし、肩を抱いてあげることすら出来ないから、お互いなかなか打ち解けられない。

そこに出てくるのがアーロン。
彼はシェフのヘルプに入るんだけど、自分の城に土足で踏み込まれた!ともう激怒ですよ。
こんな状態だったらアーロンも相当やり難いぞ~よっぽど神経太くないと。

アビゲイルちゃんはキャサリンの作る食事を全然食べないの。
だって、正統派フランス料理で魚が一匹頭つきで出てくるんだよ~!!そんなの普通にアメリカンジャンクフードを食べてた子にはちょっと無理だって~。
でも、キャサリンにはそんなことすら理解出来ないのでした。

いいベビーシッターにあたらなかったから、結局キャサリンはアビゲイルちゃんをレストランに連れてくるんだけど、そこで彼女の心をほぐしたのはやっぱりアーロンですよ~。
この辺の展開はベタな感じですね。
子供使っちゃったよ、みたいな。
でもそれがなければキャサリンとアーロンの恋は絶対成就しなかったね!キャサリンのあの性格では・・・。

ひと悶着あって、アーロンがレストランを辞めちゃいます。
そしてキャサリンも例の生ステーキをやった後、かっこよくレストランを去って行きます。
アーロン、サン・フランシスコでトップシェフになる予定が、キャサリンがお願いに来たので結局町にとどまることに。
そして二人でレストランを始めるんですね~。この名前が話の中で出てきたまんまで、アビゲイルちゃんやるねえ!って感じ。

お互い料理は譲らないので、キッチンの様子がなかなかおもしろい。
でも、オープンキッチンなのにちゅ~ってしちゃうんですけどね~。
そしてアメリカらしく、お客さんから大歓声が起こるわけです。
この終わり方は好きだわ。

スポンサーサイト

Annie Hall (1977)

アニー・ホール アニー・ホール
ウディ・アレン、ダイアン・キートン 他 (2007/01/26)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


ダイアン・キートンを見ようと思って借りてみました。
1977年の映画で、この年のアカデミー賞受賞作品。
ウディ・アレンの映画を見るのは初めてです。

内容は・・・うん、まあおもしろかったかな。
台詞が全部分かればもっと笑えるのかも?
結局アニー(ダイアン・キートン)と分かれてしまったアルビー(ウディ・アレン)が、自分達をモデルにした劇を作った時に言う台詞が印象的。
現実とは違って二人がよりを戻すんだけど、現実は完璧じゃないから、物語は完璧の方がいいんだって悲しそうに語るのよ。
う~ん、説得力ある!

題名Annie Hallアニー・ホール
監督Woody Allenウディ・アレン
出演Woody Allen
Diane Keaton
ウディ・アレン
ダイアン・キートン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

しょっぱなからウディ・アレンの一人芝居。
この人お芝居してるの?それとも自分を演じてるの?って感じ。
精神的に病んでそうなこういうタイプは苦手だなあ・・・。
何故もてる???

ダイアン・キートン、今の方が断然かわいいわ!!!
30年も前の映画ってことは、31歳?
撮ってた頃は29歳か30歳かって感じか。
う~ん、それでも今の方が断然キュートだなあ。

実際二人は私生活でも付き合ってたわけだし、どうなの?
この映画って!?
ダイアンの本名はダイアン・ホールで、アニーの苗字もホールだしさ。
そういう映画の作り方をする人なのかねえ。

アニーは完全に分かれた後はさっぱりしてるんだけど、アルビーはものすごく女々しくて、もう一度付き合おう!と言うためにニューヨークからロスまで押しかけます。
そして完全にペーパードライバーだったのに、レンタカーまでして会いに行くのです!!!
でもその熱意は空回りで、結局振られちゃうんだけどね。
現実は完璧じゃないからねえ。

台詞回しは苦手なパターンだけど、おもしろそうだった。
英語力がねえ、もっとあればねえ、楽しめたと思います。

10 Items or Less (2006)


10 Items Or Less - Trailer


去年の12月1日より、一部公開された映画。
全国で公開されていないためか、興行成績もかなり少なめの$81,416。
まあ、結構マニアックな映画でしたよ・・・。
モーガン・フリーマンの怪しい俳優っぷりはなかなかおもしろいけど、え~?それがどうしたの~?って感じ。
クレジットにプロデューサーとしてモーガンの名前が載ってた時にはびっくりです。
こういう人間の心の様子を描いた映画が好きなのかしらね。

 10 Items or Less


題名10 Items or Less
監督Brad Silberlingブラッド・シルバーリング
出演Morgan Freeman
Paz Vega
モーガン・フリーマン
パス・ベガ


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

モーガン・フリーマンは4年ぶりに映画に出ようかっていう有名な俳優役。
ディレクターのいとこに連れられて、カーソンにあるArchie's Ranch Marketというしょぼくれたスーパーに行きます。
映画で見る限り結構治安の悪そうな地域。
スーパー内も活気がなく、やる気のないチェッカーがいるレジが1つ、10個又はそれ以下(10 items or less)の商品専用のレジが1つ開いてるだけ。
モーガン・フリーマンは10 items or lessのレジにいるスカーレットに甚く興味を持って、ひっつき虫。
結果的には夜まで行動を共にします。
この辺の流れは、モーガンただの怪しいおっさんだよ!!!って感じ。

スカーレット、実はこの日の午後に面接を控えてました。
レジの仕事を毛嫌いしている彼女は、転職を考えていたのです。
その準備をモーガンが独自の方法で手伝うというわけ。
どうしてこんな人の言いなりになってるのかしら?っていうのと、何となくお互い通ずるものがあるっていう微妙な心の流れがもどかしい。
もちろんモーガンはおじいちゃんだし、スカーレットは25歳の若さなのでキスの1つもせず、恋愛には発達せずに終わるんだよ。
お互い、似たもの同士で元気付けあったって感じかな~。

モーガン・フリーマンの怪しい人懐っこさがおもしろい。
面接に行く前に、スカーレットに車を洗わせる(もちろん洗車場に行って洗ってもらうだけ)んだけど、その時に洗車場の従業員と仲良くなる様子がものすごいおもしろかった。
基本的に音楽はないし、淡々と進む映画なんだけど、このシーンにはものすっごいコミカルな音楽が流れてて(予告編で流れてるやつ)、それがまた合ってるのよ!!!

Premonition (2007)


Premonition - Trailer


イマイチ・・・。
DVD発売に伴うCMを見てちょっとおもしろそうだなって思ったんだけど、そういや公開当時はちらりとも見たくなかったわ。
そんなことを当時のポスターを見て思い出した。

サンドラ・ブロックが主人公。
彼女は2人の娘がいるお母さんなんだけど、夫の死の前後1週間、時間の中を行ったり来たりする。
夫をそのまま死なすべきか、助けるべきか?
最後は衝撃でも何でもない(笑)
え~!!って感じ。

 Premonition

題名Premonition
監督Mennan Yapo
出演Sandra Bullock
Julian McMahon
サンドラ・ブロック
ジュリアン・マクマホン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

旦那様が車の事故で亡くなりました。
リンダ(サンドラ・ブロック)は自宅を訪れた警官からそう聞かされます。
でも、翌朝起きてみたら旦那は普通に朝ごはんを食べている。
夢にしちゃやけにリアルだったので、混乱気味の彼女。
翌朝起きたらやっぱり旦那は死んでいて、お葬式当日でした。
でも、翌朝起きたらまたしても旦那が生きている。
どうなってるの!?と混乱するのも無理からぬことです。

日々曜日をあまり気にしない主婦だからこその混乱だよね。
時間が前後してる!って気付いて表を作ってみたら、旦那が死ぬのは水曜日で、警察にそれを聞かされたのは木曜日、自分が精神科医を訪れたのは火曜日で・・・と、タイムラインの混乱が明らかになります。
とは言っても、起きた時に一体自分がどの時間にいるかよく分からない。
時間を前後するうちに旦那の不貞も明らかになって、最初は彼を助けようとしていたリンダなのに、死んだ方がいいのかも知れない・・・と考え出す始末。

結局旦那を助けようとするんだけど、蓋を開けてみたら彼女のせいで死んだようなものでした。
それじゃあ、木曜日に初めて警察から話を聞いたリンダはどこ行っちゃったんだ!?
長女の顔の傷は木曜日にはなかったんじゃない!?
あれって火曜日とか月曜日とかにつかなかったっけ!?
なんていう不具合はありましたがね・・・。

旦那の不貞が発覚した後、リンダは教会に行って神父様とお話します。
その内容がキーになって、最後に目が覚めた時には数ヵ月後。
旦那を亡くしつつも3人目を妊娠した彼女が、引っ越すところで終わりました。
そうねえ、神父様が今生きていること自体が奇跡なんだよって言ってたからねえ。
時間を前後したからこそ新しい命を奇跡的に授かり、旦那は助けられなかったけど家族の絆は深められたわけですね。

イマイチ盛り上がるポイントがはっきりしなくて、起承転結のないず~っと無意味に緊張感の続く話だった・・・。

Sky Captain and the World of Tomorrow (2004)

スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 初回限定スペシャル・プライス版 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 初回限定スペシャル・プライス版
ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ 他 (2005/05/25)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


公開当時アメリカの映画館で見たけど、久しぶりにDVDを借りて見てみました~。
Alfieと同じ年に公開された、ジュード主演の3つの映画のうちの1つです。
クラッシックな映像は綺麗だけど、画面が暗すぎる!!!
CGもちょっとちゃちめ。
アンジェリーナ・ジョリーの役どころがおいしい!
アンジーかっこい~い♪

 Sky Captain and the World of Tomorrow
 スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー

題名Sky Captain and the World of Tomorrowスカイキャプテン-ワールド・オブ・トゥモロー
監督Kerry Conranケリー・コンラン
出演Jude Law
Gwyneth Paltrow
Angelina Jolie
Giovanni Ribisi
ジュード・ロウ
グウィネス・パルトロー
アンジェリーナ・ジョリー
ジョヴァンニ・リビシ


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

舞台は第一次世界大戦後。
でも、ちょっとSFチックな設定です。
カメラはデジカメじゃなくてフィルムだし、衣装もレトロなんだけど、変なとこでテクノロジーが進んでるの。
人類に愛想をつかせて別の星に移住しようと考えた大天才の計画の下、アニメに出てくるようなロボットとロケット、そして忠実な僕として女性型ロボットが作られた。
そして軍の戦闘機は水空両用で、海に飛び込んだと思ったらまるで潜水艦のようにスイスイ進む。
いやいや、その適当なカバー具合じゃ、そんな水中に入り込めないでしょ!?
と思わずつっこんだけど、それでもその切り替わりがユニークで、結構好きな部分です。

ロボット達を動かしている信号がネパールから発せられていることを突き止めたジュード達は現地に向かうんだけど、ネパール人が見たら怒るぞ!!!これ!!!
って感じの描写。
まあ、描かれる外国なんてそんなもんだよね・・・ハリウッド映画で見る日本も相当おかしいしね・・・。

空軍のエース、ジュードのよき仲間がアンジー。
アンジーが率いる部隊は空中ベース(これまたすごいテクノロジーでしょ)を基地として、空を飛び回っているのよ。
ジュードを命をかけて助けるかと思いきや、ちゃ~んと脱出まで考えてあるし、めちゃめちゃ頼りがいのあるお仲間です。

昔はジュードの恋人だった?様子のグウィネスは新聞記者で、かなりヤな感じ(笑)。
特ダネ第一ですか!?っていう姿勢が気に入らない・・・。
フィルムがなくなって、あと2枚しか写真が撮れないっていう状態になってからはちょっとかわいかったけど。

I Now Pronounce You Chuck & Larry (2007)


I Now Pronounce You Chuck & Larry - Trailer


政府からの補助金を打ち切られたラリー(ケヴィン・ジェームズ)が、親友のチャック(アダム・サンドラー)とゲイの振りをして偽装結婚する話。
ゲイの振りするとこはかなりコメディでおもしろかったけど、ゲイの迫害とか、ゲイの代表みたいになるとこは微妙にシリアスな様相が。
どうやってまとめるんだ~!?って、そっちが心配だったよ。
案の定、相当無理矢理まとめてました。
でも、おもしろかったし、ケヴィン・ジェームズが好きだからいいのさ♪

 I Now Pronounce You Chuck & Larry

題名I Now Pronounce You Chuck & Larry
監督Dennis Duganデニス・デューガン
出演Adam Sandler
Kevin James
Jessica Biel
Ving Rhames
アダム・サンドラー
ケヴィン・ジェームズ
ジェシカ・ビール
ヴィング・レイムス


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

ジェシカ・ビールは二人の弁護士役、アレックスとして出てきます。
アレックスがチャックをゲイだと信じて起こす行動の数々がなかなかおもしろい。
ゲイの振りしなきゃ~って、ギリギリで頑張ってるチャックの様子が結構笑える。
相当遊び人だったチャックなのに、ゲイのカップルとしてみたら、チャックが女性役でしょ!?ってみんなが思うらしくて、そんなネタにも笑わせてもらったわ~。

政府から、本当のゲイかどうか調査人(スティーヴ・ブシェミ)が来ます。
ゲイの振りして補助金とか年金をもらおうとした人達がいたってことなんだけど、この調査人のことでアレックスのとこに相談に行ったんだけどね。
これをうまく乗り切るために、アメリカでパートナー登録をするだけじゃなく、カナダまで行って結婚式を挙げてきなさい、というアレックスのアドバイス。
この教会がまた曲者でした。

チャックもラリーも消防署員なんだけど、仲間達にゲイ(本当はウソだけど)だとばれた後の扱いがひどくてさ。
アメリカで、未だにこんな差別があるのかねえ???
映画だからここまであからさまにしてるんだよねえ?って思っちゃう位でした。
でも、そんな彼らは一人のいかつい消防署員を励まします。
そう、マッチョで無口な彼は実はゲイで、自身ものすごく悩んでたんだけど、チャックとラリーのおかげで堂々と自覚を持てたよ!ってな感じです。
ちなみにこのマッチョな彼、ミッション・インポッシブルIIIに出てきたヴィング・レイムスです。
彼のゲイっぷりがおもしろいわよ~。

結局調査人は騙しきれず、聴聞会が開かれます。
そこで彼らの上司がウソだってばらしちゃうんだけど、彼の熱演&今までの二人の行動がゲイに指示されたことにより、刑務所に行かずに済むんだけど、この辺の流れがかなり無理矢理でした。

Transformers (2007)


Transformers - Trailer

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディショントランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション
(2007/12/19)
シャイア・ラブーフ. タイリース・ギブソン.ジョシュ・デュアメル.アンソニー・アンダーソン.ミーガン・フォックス.レイチェル・テイラー.ジョン・タトゥーロ.ジョン・ヴォイト

商品詳細を見る


ものすごいおもしろかった~
ストーリーがどうこうじゃなくて、車が変身するってだけで大興奮♪
車達が走ってるシーンだけでも大興奮♪
バトルシーンはあまり好きじゃないけど、バトルの中で乗り物からロボットに変身するのを見てるのは楽しかったわ~。
映画を見た後、その辺の車が全部変身しそうに見える位暫く興奮状態が続いてました。

日本では8月4日から公開です。
是非見に行きましょう♪

 Transformers
 トランスフォーマー

題名Transformersトランスフォーマー
監督Michael Bayマイケル・ベイ
出演Shia LaBeouf
Megan Fox
Josh Duhamel
シャイア・ラブーフ
ミーガン・フォックス
ジョシュ・デュアメル


タカラトミーのHPに書いてあったけど、これって日本の変身ロボット物をタカラがアメリカに輸出したのが始まりなんですって。
アメリカがそのロボット達を使って作ったのが「Transformers」というアニメで、そのアニメは日本に逆輸入されて1985年にテレビで放送されたそうな。
当時は一大ブームを巻き起こしたみたいで、4回程アニメ映画化されてるみたい(見たことないけど)。

今回はその実写版。
アメリカではかなりのブームを引き起こしてます。

Bridge to Terabithia (2007)


Bridge To Terabithia - Trailer


え~想像と違う!!!
しかもその終わり方はないでしょう~!?
ああ、期待はずれだよ・・・。

 Bridge to Terabithia

題名Bridge to Terabithia
監督Gabor Csupo
出演AnnaSophia Robb
Josh Hutcherson
アンナソフィア・ロブ
ジョシュ・ハッチャーソン


↓ここから下はネタバレを含む感想です↓

テラベシアってのはナルニアみたいに実在する国じゃなかったの?
結局想像でしかないんじゃない。
その時点でかなりがっかり・・・。

いじめられっこ二人の友情物語。
こんな書き方したら作者が超憤慨しそうだけど。
でも実際そうだもんな~。
女の子は想像力たくましく、男の子は絵を描くのが上手。
想像上の国、テラベシアで遊ぶ様子は、実際は何やってるの?この子達?だって全部想像でしょ?と思ってしまう夢のない大人にはちとつらい・・・。

個人的には男の子の妹が好きではない。
ああいう子供って好みじゃないんだよね~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。